管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

追求し続けることの面白さ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-31 22:00 | フライフィッシング in 北海道

最強のキラーフライ、ついに完成!

1月28日(土)。


一日中、まさに「十勝晴れ」と言った感じの素晴らしい青空。

日高山脈から冷たい風が容赦なく吹き降ろしてくる、非常に厳しい自然条件の一日だった。



a0169776_1854827.jpg




この日の釣行テーマは、以前から模索し続けてきた「仮説」の検証。

この仮説を考え始めるきっかけとなった出来事には、約一年前に直面していた。

その出来事に直面して以来ずっと納得のいく解決策を見つけられないまま悔しい日々を送っていたが、最近になってようやく「これはもしかしたらイケるかも?」と少し自信を持てそうなフライに辿り着くことが出来たので、早速それを検証してみようと思い立ったのだった。


要は、じっくり時間を掛けて模索してきたフライの、最終フィールドテストというヤツですね(笑)。


この日選んだポイントは、昨年の秋以降散々通い詰め、攻め続けてきた某区間。

この区間の鱒はどいつもこいつも相当な学習を積んでいる筈なので、生半可なフライではまず騙すことは出来ない。自分が試そうとしているフライの効果を検証するには、最もおあつらえ向きな区間のはず・・・。


a0169776_18222864.jpg




昼の12時頃、実釣開始。

入渓して間もなく、最初の大場所。

自分が用意してきた新作フライは、ビックリするほど一瞬にして、確実に鱒の捕食本能を刺激した。










a0169776_1836502.jpg



a0169776_18373563.jpg


L:56cm / W:31cm。真冬に入ってからはほとんど反応らしい反応もなかったこの大場所で、新作キラーフライはいきなりその驚異的な効果を見せ付けてくれた。



この一尾のヒットで、「疑い」は「自信」へと変わる。



更に上流にある、もう一つの大場所。

ここでも当たり前のように、良型のレインボートラウトがキラーフライに襲い掛かる。











a0169776_18473976.jpg



a0169776_1848192.jpg



a0169776_18481578.jpg



L:57cm / W:33cm。この一尾のヒットで、「自信」は「確信」へと変わった。



氷に閉ざされた無機質な世界から、確実に良型の鱒を引きずり出す最強の"キラーフライ"。

約一年の悩める歳月を経て、ついにこの日完成したのだった・・・。



a0169776_1913495.jpg




P.S.
そのキラーフライの本当の威力を思い知らされたのは、翌1月29日のこと。

自身が今までに釣り上げた中でも屈指の「メモリアル・雄レインボー」の記事に、乞うご期待!(笑)
[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-29 19:30 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(14)

2011年の実績フライ その1

取り敢えず、まずは下の2つの動画を見比べてみて下さい(笑)。


一つ目は、本家本元Radioheadの"Lotus Flower"。

Radioheadは、個人的には自分が大学生だった頃(約10年前)の"The Bends"や"OK Computer"、"Kid A"、"Amnesiac"あたりの頃が最も好きだった。
"Lotus Flower"は、わりと最近出されたアルバムの曲であまりよく知らないのですが、取り敢えずこれを"正"として観て頂くとして・・・。






二つ目は、芸人の江頭2:50がRadioheadの"Lotus Flower"をネタにしたもの。
多分30秒くらいで、「もういいわ、これ・・・」って思うかも知れませんが・・・。




この動画を観て、「江頭2:50って、一体どんな方向に行こうとしているんだろうか?」と興味深く思った。Radioheadの行く先も、気になるところです・・・。

いや、ただそれだけなんですけどね(笑)。


------------------------


さて、どうでもいい前置きはこれくらいにして・・・。

2011年の個人的実績フライを、自分の備忘録がてら少しずつご紹介させて頂く新コーナー。

第一作目は、"ガイドチョイス・ヘアズイヤー"のなんちゃってバージョンです。



a0169776_22353976.jpg




このニンフ、もともと製作の発端となったのは、TIE○COの2011年フィッシングカタログを何気なく読んでいて、"GB ガイドチョイス・ヘアズイヤー"なるフライが紹介されていたことがきっかけ(詳しくは、そのカタログを見てみて下さい。116ページに記載されています。)。


その紹介文を読んで、バイスの前に座りしばしの間何となく構想を練る。


手元にあるフックとマテリアル、自分が使いたい状況などから判断して適当に巻いてみた幾つかの"プロトタイプ"。


あまり期待していなかったけれど、その週の週末には、その"プロトタイプ"の中の一つが思い掛けない素晴らしい結果をもたらしてくれたのでした



a0169776_2244939.jpg





ナチュラルドリフトで底を流すのはもちろんのこと、このフライが真価を発揮するのは、ベタ底からの浮上アクションを加えるその時なのではないかと自分は思っています。

いや、やっぱり気のせいかも知れません・・・。


<ガイドチョイス・ヘアズイヤー>
・フック:TMC2457 #10~#14程度
・ヘッド:タングステンもしくはブラスのビーズ(ビーズ無しバージョンもあり)
・スレッド:UNI-Thread 6/0 or 8/0
・テイル:ヘアズイヤー
・ボディー:ヘアズイヤー(ナチュラル)
・リブ:ワイヤー各色
・ソラックス:アイスダブ・ピーコックブラック
・ウイングケース:多分何でもOK


今年も良い鱒、釣りたいですね。春の訪れが待ち遠しいです。
[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-27 00:00 | インドア | Comments(2)

雪の中狙うブラウントラウト

1月22日(日)。

この日は、朝からずっと雪が降り続く天候。

寝坊したこともあり、前日の夜思い付いた仮説検証は来週以降に延期することとし、午前中は洗濯や掃除などの雑用をしてのんびりと過ごす。まるで専業主婦のような時間。

このまま一日中家の中でのんびり過ごそうかな、とも思ったのだけれど、昼に差し掛かったところでやっぱり何処かに釣りに行きたくなった。虫が騒いだのである(笑)。


釣り場の選択であれこれと迷っている時間も無いので、行き先は即座に決断。ブログのネタになるような釣りが出来る望みはかなり薄いと思いつつも、雪が降る中車を走らせ現地に到着したのは13時近くのことだった。


13時頃、ダメ元で釣り開始。
しばらくの間は案の定反応が無かったが、色々と試すつもりで気軽に釣り続けていたところ、15時近くなってようやく奇跡的に反応があった。







a0169776_22382042.jpg



a0169776_22384999.jpg


40cmクラス、産卵後のアメマスのようにスキニーな個体だった。


この一尾で集中力を取り戻し、上着に雪が降り積もる中更に粘り続けていると、この日二尾目のブラウントラウトから思い掛けない反応があった。二尾目のヒットには、自分でもビックリです・・・。


a0169776_22413034.jpg


これまた40cmクラス、一尾目よりもコンディションが良く美しい魚体に一安心。


正直なところ、「きっと一尾も釣れないだろう」と思っていたので、本当に嬉しい釣果だった。

今度は50UP目指して頑張りたいところです。



a0169776_22441298.jpg


雪が降る帰り道・・・




[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-23 23:00 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)

The trout bum diaries vol.1

東京在住の頃より10年近くお世話になり続けているなべさんからクリスマス・プレゼントが届いたのは、微妙にクリスマスの時期を過ぎ、2011年ももうすぐ終わりを迎えようとしていた時のことだった(なべさん、この場を借りまして、改めて有難うございます!)。


ダンボール箱いっぱいに詰め込まれたたくさんのクリスマス・プレゼントの中の一つに、"the trout bum diaries volume 1 Patagonia"と銘打たれた危険な香り漂うDVDが入っていた。


a0169776_2093277.jpg



実は本日、ようやくそのDVDを全編観終えたところであり・・・。

DVDを観た直後の率直な感想は、「2012年、何処でもいいからとにかく海外に行って、違う空気の中で釣りがしたいな~。」という一言に尽きる!(笑)


"the trout bum diaries vol.1 Patagonia"のイントロ動画はこちら↓から観ることが出来ます。





そんなささやかな思いは、今年中に実現するのでしょうか・・・。


実現するかどうかは、自分次第。

海外の釣りを久々に本気で意識させてくれたなべさんに感謝です。

なべさん、今年は十勝の60UPレインボー狙いましょうね!



なべさんとの過去の釣行記はこちら↓

2010年7月22日
2010年7月23日
2011年9月17日
2011年9月18日
2011年9月19日


P.S.
「で、お前、今日は釣りに行かなかったのか?」と思われている方々へ・・・。


a0169776_20315037.jpg



こんな感じで川が凍り付いていたので、さすがに今回は奇跡も起こらず。完敗でした~(笑)。

んがしかし、色々と考えた末に一つ新たな仮説に思い当たったので、明日はそれを試しに行く予定です!

元気があれば、ですが・・・。
[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-21 20:38 | 釣りと人 | Comments(2)

寒風吹く中、ブラウンに癒される・・・

1月15日(日)。

この日は寒風吹く中、昼前からブラウントラウトのポイントへ。


a0169776_2311631.jpg



2011年は釣行のほとんどの時間をレインボー狙いに費やしてしまったので、2012年はもう少し釣り場や魚種の選択肢を増やし、自分の釣りの世界を広げたい。それが今シーズンの大きな個人テーマの一つ。

とは言え、慣れないポイント、慣れないメソッドでの釣りはとても厳しく、川面を吹き抜ける切り裂くような寒風が、追い討ちをかけるように容赦なく体温と気力を奪っていく。



a0169776_23151184.jpg



指先の感覚が失われていく中、何とか手中に収められたのは、小型ながらも朱点が鮮やかな美しいブラウントラウト。

極寒の状況下でのフライフィッシング、生命反応を得られただけで十二分に満足です。

この一尾との出逢いに感謝し、16時前には納竿。



来たるべき春の釣りに備え、そろそろ一旦釣行は控えめにした方が良いのかなぁ、と思い始めている今日この頃。

もしかしたらこのブログも、今後しばらくはタイイングなどのインドアネタが増えることになるのかも知れません・・・。でもきっと自分のことだから、時々は不意打ち気味に大物トラウトを狙いに行くことになるんでしょうね~(笑)。



[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-17 00:00 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(4)

過酷極まりない厳冬期の鱒釣り

1月14日(土)。

ここ最近、連日のように最低気温-20度クラスの極寒の日々が続いている。しかも最高気温は、-5度あるかないかといったところ・・・。今回の冬は、やはり寒さが例年よりも一段と厳しいようだ。


こんな極寒の状況が続いたことで、さすがに自分の釣欲も若干萎え気味(笑)。


今回の釣行も、朝目覚めてから二時間程は川に向かうのを躊躇して家の中でモゾモゾとしていたが、結局は巨鱒の残像を振り払うことが出来ず、ふと気付くと釣りの支度をして車に乗り込んでいた。



a0169776_20541135.jpg



現地に到着し、橋の上から何気に川を覗き込むと、沢山の氷の塊が川を流れている状況だった。

「やはり、これだけ寒い日々が続くと厳しいのか・・・」と川に来たことを少し後悔しつつも、「こんな状況の時、鱒は本当にフライを食わないのか?」という好奇心だけが勝り、河原に下り立つ。



a0169776_20572334.jpg



川底をよく見ると、実は川底も場所によっては凍り付き始めていることに気付く。この寒さがもうしばらく続けば、多分川そのものが凍結してクローズしてしまうことだろう。


a0169776_2059757.jpg



昼間になってもさっぱり気温が上がらない極寒の川を釣り上がるが、当然のように鱒からの反応は一切無し。ただ寒さだけが着実に体温を奪っていくのみで、全然楽しくない過酷なフライフィッシングの時間が続く。

ノーフィッシュのままあっという間に夕刻が訪れたが、ふと一箇所だけ下流側のポイントを思い付いた。あのポイントなら、しばらく攻めていないからもしかしたら何か反応があるかも知れない・・・。


そしてその淡い期待は、幸運にも的中することとなった。












a0169776_2195296.jpg




a0169776_21103995.jpg


L:52cm / W:32cm。夕暮れ間近、起死回生の一尾と奇跡的な遭遇。



全然楽しくない過酷な一日が、全て報われた瞬間。

最後の最後でこの一尾に巡り逢えたことに、心から感謝。



この一尾と巡り逢ってしまったがために、過酷な精神修業の日々はまだまだ続くことになりそうです・・・(笑)。



a0169776_21184133.jpg


タイムアップと同時に、完全に凍り付いたRoss reel・・・。ギリギリだったけど、Good Job!




[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-14 21:30 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)

ホロカヤントーを渡る潮風

1月8日(日)。

この日は職場の同僚男女合計5人で、ホロカヤントーのワカサギ釣りに出掛けた。

日の出の頃に帯広を出発し、東側の空に広がる美しい朝焼けを眺めながらの道中は、いつも寝坊ばかりしている自分にとってとても新鮮なものに感じられた。


a0169776_23312942.jpg


ホロカヤントーに到着する頃には、すっかり高く昇った眩しい太陽。


今回は、自分も含めワカサギ釣りがほぼ初めてのメンバーばかりだったので、「ちゃんと皆が食べるのに十分なだけ数が釣れるだろうか?」と微妙に不安を感じながらの釣り。たまにはこういう緊張感もいいものですね(笑)。


a0169776_23323037.jpg



それぞれが自分の思った場所に穴を開け、早速釣り開始。

実釣時間は6時間程。決して「大漁」と言えるような釣果ではなかったけれど、皆満足そうな様子だったので今回の釣行を企画した自分としてはホッと一安心でした・・・。



a0169776_2337520.jpg


テントの近くにはキタキツネがウロウロしていた。きっと魚を狙っていたのでしょう。



a0169776_23375741.jpg


釣りを楽しんだ後は、釣れたワカサギをその場で天麩羅にして頂いた。同僚のT君が持ってきてくれた「カレー味ソルト」が天麩羅に絶妙にマッチしていて、大変おいしく頂きました。ワカサギの天麩羅をする方々には是非オススメの調味料です。


まだ予定ははっきりしていないけれど、今度は多分糠平湖にて第二回目のワカサギ釣りを実施する予定。


氷上のワカサギ釣りは初心者でも十分に楽しめる、冬の北海道ならではのエンターテイメント。

折角テントも購入したことだし、今年中にあと一、二回は行きたいところです。
[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-13 00:00 | 鮭鱒以外の釣り | Comments(0)

2012年の始まりも、虹鱒から・・・

1月7日(土)。


a0169776_20174854.jpg



爽やかな十勝晴れの青空が広がった、新年最初の釣行。

午前10時頃~午後15時頃までは全く反応無く、ノーフィッシュも覚悟し始めた夕方。


a0169776_20245767.jpg



諦めかけていたけれど、ようやく待望の手応え。

スピードのある疾走と見事なジャンプで翻弄してくる虹鱒をねじ伏せ、なんとか浅瀬に誘導することに成功!


a0169776_2028119.jpg



a0169776_20283384.jpg



L:54cm / W:33cm。新年最初の50UPは、素晴らしいファイトを披露してくれた♀レインボー。



a0169776_20294429.jpg



久々に、セルフタイマーで撮影。何となく、鱒へのダメージなどを考慮してしばらくの間封印していたセルフタイマー撮影だけれど、今シーズンは復活させようと思う(笑)。



a0169776_20305910.jpg



不思議なもので、ノーフィッシュで一日を終えるのと、一尾でも素晴らしい鱒に出逢って一日を終えるのでは、帰り道に眺める風景の見え方も全然違う。


2012年も、年の終わりを迎える時に楽しい気持ちで振り返られるような素敵な一年にしていきたいものですね。




[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-08 21:00 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(9)

2011年釣行を振り返る <後編:7月~12月>

("2011年釣行を振り返る <前編:1月~6月>"の続きです)

Read more...
[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-05 22:30 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(4)