管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

GW初日の釣行は・・・

4月29日(金)、GW初日の釣行。いつも通りのんびり出発。



a0169776_8411397.jpg




ここ最近降った雨の影響で、川は増水傾向。
渡渉するには危険な場所も何箇所かあり、1~2日後にグッドコンディションになりそうな雰囲気。


a0169776_8445637.jpg

限られた狭いポイントを狙い、こんな感じの30cmクラスが数尾ヒット


a0169776_8455797.jpg

この日は結局40cmクラス止まり



a0169776_847326.jpg



夕方から飲み会の予定があったので、この日の釣りは早めに切り上げることに。
30日以降の状況の好転に期待です。

今日もこれからフィールドに出発です。
[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-30 08:48 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(2)

春の歌 - スピッツ





明日から、ついに待ちに待ったゴールデンウィークが始まりますね!
きっと釣り場は何処も混雑することと思いますが、皆様トラブルなく、楽しく釣りが出来るといいですね。

私も一発大物狙いのみに的を絞って、ダメ元で適当に楽しもうと思います。


ところでスピッツって、良いですよね~。
自分にとって、中学生の頃から今までずっと一度も嫌いになることなく聴き続けてきた日本のアーティストは、スピッツだけのような気がします。


特にこの季節になると、やっぱりこの曲ですわ(語り口調)。


------------------------------

春の歌‐スピッツ



重い足でぬかるむ道を来た

トゲのある藪をかけ分けて来た

食べられそうな全てを食べた



長いトンネルをくぐり抜けた時

見慣れない色に包まれていた

実はまだ始まったとこだった



「どうでもいい」とか そんな言葉で汚れた

心 今 放て



春の歌 愛と希望より前に響く

聞こえるか? 遠い空に映る君にも



平気な顔でかなり無理してたこと 叫びたいのに

懸命に 微笑んだこと

朝の光にさらされていく



忘れかけた 本当は忘れたくない

君の名をなぞる



春の歌 愛も希望もつくり始める

遮るな 何処までも続くこの道を



歩いていくよ サルのままで独り

幻じゃなく 歩いていく



春の歌 愛と希望より前に響く

聞こえるか? 遠い空に映る君にも



春の歌 愛も希望もつくりはじめる

遮るな 何処までも続くこの道を

------------------------------


Keep Tight Line!
[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-28 20:55 | 音楽 | Comments(0)

今シーズン初、ドライフライの釣り

a0169776_21281885.jpg

日に日に輪郭がはっきりとし、存在感を増していく雲。ハルゼミ鳴く初夏が待ち遠しいですな~。


4月24日(日)、明け方まで降り続いた大雨の影響により、主要河川はカフェオレ色でかなりの増水。

この日の釣りはさすがに諦めても良かったのだが、何処も釣りにならないこんな時だからこそ行っておきたい、季節限定の小スポットへ向かった。



a0169776_21332522.jpg



現場に到着してみると意外にも先行者の車は無く、期待通りのライズがあちこちで確認出来た。
フラットな水面のため鱒の警戒心はなかなかのもので、ライズのレーンに静かに慎重にドライフライを送り込む技術が求められる。


a0169776_2137512.jpg

この日最小の一尾(笑)。この時期でこのサイズということは、冬~早春に生まれたばかりの個体なのでしょうか?


a0169776_2139413.jpg

このポイントにしてはまずまずのサイズ。ドライで出ると、このサイズでも十分楽しいです。


a0169776_21413064.jpg

少し大人びた顔付きの一尾


a0169776_21492258.jpg



a0169776_21372231.jpg


a0169776_21402319.jpg


a0169776_21405885.jpg

その他モロモロ、このポイントでのレギュラーサイズ


昼間約3時間で、20匹程のニジっ子に遊んでもらった。
そよそよと気持ち良く川面を渡る春風と、何処からともなく聞こえてくる小鳥の囀り。
これこそまさしく、私が求めていた上質なスローフィッシングの時間である(笑)。


この日のヒットフライは、#16のダニーマ・デビーマとクイルゴードン・パラシュート。
ストマックからはユスリカアダルトがメインで出てきたけれど、小さなグリフィスナットは何故か評判が悪かった。


ちなみに、釣りを終えて車に戻ると、到着した時の閑散さが嘘のように現場は管理釣り場並みの混雑状態。地元の方は、やっぱり知っていますよね。


a0169776_21551145.jpg



増水から回復するであろう今週末、主要河川はどこもビッグチャンス到来の予感!?
[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-25 22:01 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(4)

2週連続、冷たい雨の中の釣行

まさかの開幕2連敗で昨年のスタートダッシュ失敗の嫌な思い出が一瞬だけ脳裏をよぎった日ハムは、開幕から10日余り経過した現在、それなりに良い雰囲気。

今日はサヨナラ負けを喫して残念だったけど、今シーズンは開幕からシーズンオフまで、ファンを毎日ワクワクさせてくれるような面白い展開になっていくんじゃないでしょうか。今後の快進撃が楽しみですね~。



a0169776_22531587.jpg



4月23日(土)、予報通り朝から冷たい雨が降っていたが、心配していた程強い雨ではない。
この感じだと、お目当てのポイントの水量はさほど変化していないだろうと予測し、いつも通りに現地へ向け出発。


到着してみると、予想通り水色はクリア、水量もほぼ平水。
水底の鱒の姿を探しながら、いつものニンフで釣り上がり開始。

ここ最近の釣り人のプレッシャーによるものかサイトで確認できる鱒の姿は少なかったが、怪しいポイントをしつこくブラインドで攻め、なんとか一尾目をキャッチ。



a0169776_23231299.jpg


a0169776_2315160.jpg

47cm、ちょっと意外なポイントに付いていた一尾



この一尾で、取り敢えずボウズは回避。
しかし、小降りとは言え降り続ける冷たい雨が徐々に指先の感覚を奪い、それに伴い釣りの意欲もジワジワと失われていく。

それでも、「限られた自由な時間に、折角釣りに来たのだから・・・」と思い直して未踏の区間に突入し、ひたすらに釣り上がる。

いかにも良型が付いていそうな良い雰囲気のポイントに差し掛かり、粘りに粘ってニンフを送り込んでいると・・・。



a0169776_2313268.jpg

46cm、この時期にしてはなかなかいいファイトの一尾


a0169776_23161145.jpg

ちょっとカットスロートっぽい個体



「この一尾で満足」と本当は書きたいところだけれど、実はこの日、キャッチした鱒以上に逃した鱒の方が数が多く、サイズも良かったような気がする(逃してしまった今、何とでも言える話ですが・・・)。

とにかく、まだまだ修業不足であり、悔いが残る一日となった。
近日中に、なんとしてもリベンジせねば。



(以下、余談)


a0169776_2321530.jpg


a0169776_23255539.jpg



冷たい雨に打たれてすっかり体が冷えてしまったので、帰り際に札内駅のすぐ近くにある「福亭」というラーメン屋へ。

味噌ラーメン(700円)を注文しましたが、こってり豚骨スープが縮れ麺によく絡み、噂に聞いていた通りおいしかったです。特に、バラシ連続で冷え切った心と体には、芯まで沁みる温かさでした(笑)。今度打ちのめされて立ち寄った時は、数量限定ラーメンに癒されたいと思います。
[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-23 23:41 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(4)

ハイリスク・ハイリターンの釣行

Haru - Fennesz + Sakamoto




16日(土曜日)の夜、ブログの更新を終え、一日の釣りをあれこれ反省しつつ焼酎をチビチビ飲んでいると、とある方から電話が(ちなみに、どうでもいい話ですが、ここ最近は"魔界への誘い"という芋焼酎をよく飲んでいます)。


ここ最近の川の状況についてあれこれと情報交換した後、翌日(日曜日)の釣行のお誘いが(お誘い頂き有難うございました!)。状況が気になっていた場所だったので、もちろん二つ返事で同行させて頂くことに。



a0169776_21401171.jpg




翌日の朝、だいたいいつも通りのペースでのんびり起きて外を見ると、かなりの強風が吹き荒れていた。単独釣行だったらちょっと躊躇していたかも知れないような冷たく強い風だったが、気合いを入れて出発。


釣り場へ向かう途中でとある方と合流し、コンビニで食料を購入して某所へ。


a0169776_2144169.jpg




ポイントに到着すると、そこにはたくさんの獣の足跡。
上の写真に写っている足跡はエゾシカのものですが、しばらく釣りをしていてふと足元を見ると・・・。



a0169776_21454564.jpg




さて、これが何だか分かるでしょうか?



正解は、ヒグマに襲われてボッコボコにされ、散々食い荒らされた後のエゾシカの亡骸。
ちなみにエゾシカの頭蓋骨なども、すぐ近くに落ちていましたよ。アハハ・・・。


本気で、スーパーデンジャラス&ハイリスクな釣り場です。


特にこの時期は絶対に一人では来れないし、たとえ心強い同行者の方がいても、50m位離れて釣りをしていると何となく不安で周りをキョロキョロと見回してしまうような恐怖感があります・・・。お守りとして腰に付けているヒグマ撃退スプレーも、何だか心細く感じてしまいますね。



それでも、やっぱりいい鱒を釣りたいから、寒さと恐怖の中釣りを継続。クレイジーです。


川底に鮮やかなレッドバンドの一尾が定位しているのを確認し、レーンに合わせてニンフをキャストすること数投・・・。



a0169776_21531152.jpg



a0169776_21534427.jpg




何とか一尾、綺麗な雄のレインボー(51cm)をキャッチすることに成功。

この一尾の後も頑張って釣り上がったものの、雪代の影響で若干水量が増えた瀬を渡渉するのに難儀し、結局鱒を追加することは出来ず。


相当なリスクと隣り合わせの釣りではありますが、近々再挑戦したいポイントの一つ。


またの機会があれば、是非宜しくお願い致します(笑)。
[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-19 22:05 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(2)

雨降りしきる中、良型連発!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-16 19:52 | フライフィッシング in 北海道

粘って仕留めた60レインボー

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-14 21:06 | フライフィッシング in 北海道

サイトニンフでシャクレ50レインボー

a0169776_196233.jpg




4月10日(日)、ここ最近の飛ばし過ぎの日々が祟ったのかかなり疲れが溜まっており二度寝してしまったが、昼前に目覚めてそそくさと釣りの準備をし、いざ出発。

この日の釣行の目標は、前半を新規開拓、後半を前日獲れなかった推定50cmレインボーへのリベンジに設定。

前半の新規開拓は三箇所ほど下見したが、チビ虹のみで終了。
上流側から下りてきたルアーマン氏の話を聞いても、魚の反応が全く無く、水量が多過ぎて上流に釣り上がるのは厳しいとのこと。

この話を聞き、新規開拓は程々で諦め、前日のリベンジへ。

例のポイントには、前日同様推定50cmのレインボーの姿。
スプークさせないように慎重にアプローチし、ソフトにフライをキャストすること数投。今回は、お目当ての方の魚がヒットしてくれた。



a0169776_19134824.jpg

50cmジャスト。スキニーなシャクレ虹鱒を無事ランディング。

a0169776_19164187.jpg

やっぱり、見え鱒狙いの切り札はフェザントテイル・ニンフ



a0169776_1923366.jpg



日が傾いて一気に寒くなり、釣り終了。
この一尾で、この日は満足でした。


追伸:

a0169776_19251114.jpg

(写真)昨年夏、帯広の森での日本ハム vs 西武。今年も何試合か観に行けるかな。


釣りには全く関係ありませんが、本日、ついに待ちに待ったプロ野球が開幕。
日本ハムファイターズには、今年こそ、再び頂点に立って欲しいものです。
[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-12 19:30 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)

進化した幅広56レインボーとの再会

a0169776_21474152.jpg



4月9日(土)、薄曇りで風が穏やかな天気の下、ほぼいつも通りの時刻に出発。


a0169776_21495163.jpg

釣り場へ向かう道中、とても暇そうな羊が一匹


先週良い思いをした川に入るが、ここ最近の暖かさの影響でいよいよ雪代が本格化し、渡渉出来るかどうかギリギリの感じ。


それでも一応頑張って釣り上がるが、残念ながら鱒の反応はなし。


こんな時は、ちょっと目先を変えて、探るポイントを変えてみる。すると・・・。


a0169776_21544838.jpg


推定50cm位の虹鱒の姿を確認し狙いを定めてキャストしたが、先に40cm位の方が反応。場が荒れてしまったので、大きい方はまた次回・・・。


a0169776_21563332.jpg

仕方なく、移動を決断。移動途中の野焼き(?)の風景。最初は焼畑農業でも始まったのかと思いましたよ(笑)。草が燃える匂い、結構好きだったりします。



移動先のポイントは、想定していたよりも水が濁っておらず、何やら妙に釣れそうな気配が漂っていた。何となく、水の色や河原の匂い、全体的な雰囲気が盛期のそれに近付いてきたような・・・。



a0169776_21593369.jpg




ニンフをガツンと強烈にひったくって下流へ一気に疾走したパワフルな一尾の正体は、多分約半年前に出逢った、当時51cmのあの幅広レインボー
あれから半年経った今となっては56cmにまで急成長し、将来有望なスペシャルマッチョの体型に。あの当時を遥かに凌駕する強さと瞬発力で、縦横無尽に釣り人を翻弄してくれたのでした。


一般に春先のレインボーは引きが弱いと言われているが、そんな一般論はこの鱒には全く当てはまらない。それは一体何故なのでしょうか?(恐らく、察しの良い方ならすぐに分かると思いますが・・・)


その謎の強さの秘密については、もし気が向いたら今週の木曜か金曜あたりにでも投稿します。気が向かなかったら投稿しないかも知れないですが・・・(笑)。
[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-10 22:11 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(4)

50UP虹鱒、奇跡の連荘 ~その5~

(更に更に更に、昨日の投稿の続きです。)


Spartacus love theme - Ahmad Jamal

本題とは全然関係ありませんが、ここ最近、よく聴いている曲の一つ。とても渋いです。


この"連荘"シリーズの〆を飾るのに相応しい一尾・・・。
それはやっぱり、厳つい顔をした男前の雄レインボーなんじゃないでしょうか。





a0169776_2291364.jpg



a0169776_2157947.jpg

精悍な顔付きの雄虹鱒




a0169776_21575483.jpg

黒点多めの一尾




a0169776_2159147.jpg

惚れ惚れしますね・・・




この一尾で、なんとなく上手くまとまった感あり。
さて、来たるべき今週末の釣行に備えて、フライを補充しますか~。


a0169776_2204328.jpg



5日間に渡るしつこい"連荘"シリーズに気長にお付き合い頂きありがとうございました!
[PR]
by ultreya1204 | 2011-04-07 22:03 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)