管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

<   2010年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ブラピにはなれず・・・


今日のクライマックスは、釣りを開始して僅か20分でのこと(いくらなんでも早過ぎ~。心も体も、全くの準備不足でした・・・)。

毎年この時期になると大型のレインボーの魚影が濃くなるお気に入りの区間を釣り下っていて、ほんのちょっとしたポイントに#10のライツロイヤルをダウンクロスで送り込んだところ、推定60cmクラスのデカ虹が全身を露わにしてフライをひったくりました。


a0169776_19565115.jpg

これがそのポイント。写真左側からの小さな流れが合流している辺りで、豪快に食い付いて来たまでは良かったが・・・。


しかし、このクラスの魚は掛けてからも凄く大変。
強靭な遊泳力を誇る巨鱒は重戦車のようなトルクでズンズン下流に突進して行き、あっという間にバッキングライン。下流に追い掛けるには対岸に渡る必要があるのですが、水深1m近い押しの強い荒瀬が渡渉を阻み、カナヅチの私は命が惜しくて一歩を踏み出す勇気がなく、全く為す術無し・・・。

掛けてから数分後、首振りでフックを外され、ジ・エンド。
釣り開始して30分もしないうちに、ガックリ膝をついてうなだれてしまいました。
映画"A River Runs Through It"のあの名場面(知らない方は、本文最下部の動画を参照して下さいね)でブラッド・ピットが演じていたようなファイトは、チキンの私には到底無理(笑)。


a0169776_205462.jpg



で、まだ始まったばかりなので気を取り直してドライを打ち込んでいくと、鱒の活性はかなり高いようで25~40cm台前半クラスのレインボーが面白いようによく釣れる。
もうすぐ秋になるとは思えないほど強烈な日差しが痛かったですが、やっぱりドライでビシバシ釣れると楽しいです。

a0169776_2014046.jpg

a0169776_20143161.jpg

元気よくドライフライにアタックしてきた40cmクラス


「50UP一尾」の目標は残念ながら達成できずに終わりましたが、今年もあのお気に入り区間にデカ虹が入ってきていることが分かったので一安心。

9月・10月は、十勝のドライの釣りが最も熱くなる季節。
個人的にも忙しくなるので何度釣りに行けるかは分からないけど、出来るだけ川に行けるようにしたいなぁ。

ちなみにブラッド・ピットの巨鱒とのファイトシーン動画は↓です。
1分過ぎ辺りから、あの名場面が観られますよ!


[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-30 20:26 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)

出撃予告。


明日、帯広方面に用事があるので、帰り際十勝川水系にデカ虹狙いに行きます。

八月最後の釣行となりそうなので、目標は「8月ラストチャンスに何とか50UP一尾!」という設定で、久々に本腰入れてやってみます。
(夏風邪気味なので、これはアカンと思ったら泣く泣く撤退しますが・・・)

ということで、後日のレポートに、ちょっとだけご期待下さい!?


a0169776_195932.jpg

昨年8月にデカドライ(#6エルクヘアカディス)で仕留めた幅広の52cm。こんなコンディションのレインボーに逢えると嬉しいのですが・・・。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-29 20:01 | 連絡事項 | Comments(0)

何となく、封印していた川


a0169776_18242033.jpg

道端に咲いていた向日葵。もう頭を垂れているものが多かったので、そろそろ終盤の時期。


本日午前の部(10時~13時)は、特に理由もなく一ヶ月以上封印していたお気に入りの川へ。
この川では今期、何度もいい思いをしているので期待大。

デカドライではオチビさんがうるさいので、仕方なくアウトリガーニンフに変更して釣り上がっていくとここぞというポイントでは立て続けにいい反応が・・・。

a0169776_18271251.jpg

ジャスト40cm。最初は40cm後半位かと推測を誤るほど、素晴らしいファイトだった。


a0169776_18292176.jpg

a0169776_18295787.jpg

a0169776_18302236.jpg

46cm。今度こそ50cm超だと思ったけど、またもや推測誤り。掛けて間もなく、水面から1m位の月面宙返りジャンプを二発かまし、下流に猛突進。

この川の鱒、もともとパワフルレインボーばかりだったけど、更に凄いレベルにファイトが進化していました。
その後、しばらく釣り上がっていくとエサ釣り師の方がいたので長い区間は出来なかったけど、40cmクラスでも大満足。
(追記:写真には捉えられなかったものの、泣き尺ヤマメ撮影逃がしや推定60cmクラスのレインボーに遭遇して結局バラシなど、この他にも短時間でかなり楽しめました!)

のびのびとロッドを振れないので決して釣り易くはないけど、やっぱりこの川の鱒は特別です。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-27 18:42 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)

夏の終わりのヤマメ その弐

a0169776_17412585.jpg

通い慣れた川には、何処となく盛夏が通り過ぎて行ってしまったような気配が漂う。

a0169776_17344130.jpg

まだ少しあどけなさの残る一尾。

a0169776_17352715.jpg

ぼってり太った良型。魚体は少し黒ずみ始めている。

a0169776_17362854.jpg

鋭い歯の雄山女。なかなか精悍な顔付きですが、口元に写っているティペットが邪魔ですな・・・。

a0169776_17385513.jpg

ついでに、エゾイワナ。なんとなく、底石の色と同化して保護色掛かっているような・・・。


今日のちょい釣りは、ボディハックルを分厚く巻いた#10のエルクヘアカディス一本勝負。
このフライ、かなり久々に使ったけど、やっぱり定番フライだけあって本当によく釣れる。

今度のデカ虹狙いでは、久々にこれをパイロットフライとして使ってみようかな。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-25 17:52 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)

アトラクター系フライ


今日は、久々にフライ補充の日。
まだマッチ・ザ・ハッチの時期には少し時間が掛かりそうなので、アトラクター系フライを巻き巻き中です。

a0169776_21474390.jpg


写真右側:
数多あるドライフライの中でも好きor嫌いの意見が大きく分かれるチェルノブイリアント。
「下品だ」とか「毛鉤じゃない」とか散々言われていますが、私はもちろん、「大好き!」派です。

写真左側:
思い付きで適当に巻いたアトラクター系ニンフ(基本はプリンスニンフですが・・・)。
こういう余計な邪念の入っていないフライは、近々大物を仕留めてくれそうな気がします!?

今日の南十勝(それとも十勝全域かな・・・)は夕方から、いい雨量の雨が降っています。
ポイントによっては、恵みの雨になるかも知れませんね~。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-23 22:00 | インドア | Comments(0)

道東サーフデビュー、惨敗・・・


本日夕方、夕涼みがてら、ついに念願の道東サーフデビューを果たしました。

a0169776_1954226.jpg
波の高さは、こんな感じでもここ数日では最も穏やかな状況。時折魚が跳ねているが、その殆どはウグイで、カラフトマスはほんのたま~に姿が見える程度。まだまだ群れは入って来ていない模様で、釣り人の姿も少ない。

a0169776_19565948.jpg
ダブハン経験ほぼゼロなので、まずはコンスタントにキャスト出来るようになることが目標なのですが・・・。なかなか思ったようには飛ばず、せいぜい25m位飛べばマシな方。全然ダメっすわ。

a0169776_2011591.jpg
ようやく魚信があったと思ったらウグイだし(笑)。でも、ウグイが釣れてこんなに嬉しかったことは今まで無かったような!?

挑戦する前から分かってはいたことだけど、道東サーフの現実はやはり甘くなかった。
でも、大海原に向かってキャストするのは、ストレス解消になって結構良いかも。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-22 20:12 | サーフフィッシング | Comments(0)

正しい夏の十勝の川釣り


a0169776_20343871.jpg



(完全に私見ですが・・・)
私が思う「夏の十勝の川釣り」って、やっぱり、燦燦と降り注ぐ十勝晴れの日差しの下、広々とした河原を汗を拭いながら釣り上がり、大場所にデカドライを打ち込んでいくというスタイルが一番好みで、しっくり来ます。

しかし、今夏は例年になく雨量が多く、ようやく川が渡渉できるレベルに落ち着くと再びまとまった雨、というパターンが続き、なかなか自分の好みのスタイルで釣りをすることが出来なかったように思います。

でも、その雨が幸いしてか、鱒もまた川によっては例年になく生き残っているようで・・・。
いつもこの時期には相当数抜かれてしまう筈の20~30cmクラスのチビ虹とヤマメが、今日は#6のデカドライに群がって果敢にアタックして来ました(このサイズ、30匹以上釣れたかも。釣れても即リリースなので、写真はありませんが・・・)。

オチビさん連発のこういう日は得てして大物は釣れないもので、残念ながら40cmクラス超には一尾も出遭えなかったけど、「この川って、こんなに鱒が残っていたんだ~」と、ちょっと嬉しかった晩夏のひと時でした。

今日リリースした鱒にはもっともっと賢くなってもらって、更に大きくなる来年以降にまたお手合わせ願いたいところです。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-21 20:48 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)

夏の終わりのヤマメ その壱

婚姻色(というかサビ!?)・少し鼻曲がりの雄ヤマメが、北海道の盛夏の終わりを告げているように感じます。
カラフトマスの姿もサーモンの姿も例年より全然少ないですが、秋はすぐそこまで来ているんですね。

a0169776_17532833.jpg

[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-20 17:56 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(0)

ダム湖の50UPレインボー


17日の午後、お気に入りポイントの某ダム湖に行って来ました。


a0169776_21301292.jpg

湖の岸際、ポッカリ浮かぶ優雅な白いボートが一艘(お二方ともフライマンでした)


到着時は無風ベタ凪、水質は今まで訪れた中で最もクリアーで鱒の姿もよく見えました。
ライズもポツポツ見られるものの、こういう条件下ではドライフライの釣りはなかなか難しく、捕食直前でかなり見切られました。

しかし、釣りを開始して1時間経った頃上流側から微風が吹き始め、一瞬だけ警戒心を緩めたらしきトラウトの活性は一気に上がり、それまでのシビアな釣りが嘘の様に、ほんの30分程たて続けにドライに反応してくれました。


a0169776_21312041.jpg

最初に釣れた40cmクラス


a0169776_2132046.jpg

フライの下をグルグルと旋回し、ちょいと誘いをかけた瞬間に気を許した52cm。
結構太っていて、いい突進ファイトで楽しませてくれました。


微風が吹き始めて30分もすると水面の捕食物に対して活性の高かった鱒はほとんど沈んでしまい、クルージングする姿も見えなくなってしまいました。
でも、ひと時だけでもプライムタイムを楽しめて満足!ということで、イブニング前に納竿。

道東は波の高い日が続いており、サーフデビューはいつになることやら。
音更にある某釣具店のご主人も「道東サーフは、波が高いからフライには厳しいですよ~」との話。
もしかしたら今期、サーフでは一尾も釣れないかも・・・(弱気)。

やっぱサーフより、淡水で夢を追うか・・・。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-18 21:41 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(4)

癒しの夕焼け空


今日の日高山脈の夕焼け、すごく綺麗だったな~。
NZのオマラマの夕焼けを思い出すような美しい色でした。

a0169776_19574097.jpg

a0169776_19585481.jpg

a0169776_19591515.jpg



ちなみに、オマラマの夕焼けの景色はこんな感じ↓です。
また行きたいな、ニュージーランド・・・。

a0169776_2034767.jpg

a0169776_201278.jpg



P.S.
本日午後ちょいとお気に入りポイントに行き、50UPレインボーをデカドライでキャッチ!
そのお話しは、また後程ということで・・・。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-08-17 20:06 | 北海道の自然 | Comments(0)