管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

カテゴリ:釣りと人( 7 )

東京滞在40時間

勤労感謝の日が絡み、世間的には三連休となった2012年11月最後の週末。

私は、昨年のこの時期の三連休と同様に大学時代お世話になった寮仲間の結婚式にご招待して頂き、一年ぶりに東京に行っておりました。(ちなみに昨年は同期の仲間、そして今年は2つ上の先輩の結婚式。私もそろそろ真剣に考え始めるのが望ましい年齢、のはずなんですがねぇ・・・。)

自然条件がようやく整ったこともあり、「十勝はきっと、絶好の釣り日和の三連休になるんだろうなぁ。」と、いかんともし難いモヤモヤを少しだけ抱えつつ、とかち帯広空港を出発。



a0169776_20553811.jpg


続きを読む
[PR]
by ultreya1204 | 2012-11-26 05:00 | 釣りと人 | Comments(0)

Investment For The Future

8月25日(土)。


a0169776_20223672.jpg



8月最後の週末。緑のトンネルをくぐり抜けて、山奥の渓へと向かう。


a0169776_20235186.jpg



渓を見下ろすと、大淵でキャストを繰り返すフライマンの姿が・・・。
夏から秋に移行し始めるこの時期は大体いつものことなのだが、この日もかなりの苦戦を強いられた。




a0169776_202614100.jpg



a0169776_20263565.jpg



時刻が15時を過ぎてそろそろ下山を考え始めた時に、ようやく50超えの雌レインボーが元気に水面を割ってくれた。正直なところ、この日はこの一尾でいっぱいいっぱい。



a0169776_20292326.jpg



またいつの日か再会出来ることを祈り、じっくりと時間を掛けてリリース・・・。



a0169776_203042100.jpg



空にぽっかりと浮かぶハーフムーンが印象的な帰り道だった。


-------------------------------

8月26日(日)。

午前7時。
ちょっと道に迷いつつも、約束通り十勝の某所に集合。

そこに集まった方々のバックグラウンドは、年齢も職業も多種多様。唯一の共通点と言えば、十勝のフィールドと鱒を愛するフライフィッシャーだったことだろうか。



a0169776_20395282.jpg



その場で必要な作業を済ませ、それぞれの車で山奥の目的地へと向かう。
目的地へと辿り着いて、何をしたかと言うと・・・。



a0169776_20411557.jpg



a0169776_20445045.jpg



分かりますよね?

そうです、『未来の十勝のフィールドに対する投資』の作業です(笑)。
ちなみに、上の画像に映っている方は、十勝のフライフィッシングガイド『フィールドリサーチ十勝』の高橋克典さん


「トラウトパラダイス」として今やすっかり全国区になってしまった感のある十勝のフィールドだが、このような素晴らしい釣り場環境は、地元のアングラーの方々の長年に渡る「草の根活動」がなければ絶対に成立しなかったものだろう。

今回、こういう形で微力ながらも活動に参加出来て個人的にとても良かったと思う。これからも、一アングラーとしてこのような活動に継続的に協力させて頂きたいと考えております。

活動に参加された皆様、お疲れ様でした!4~5年後、あの川で立派に育った鱒たちに再会できるのが、とても楽しみですね。



昼前に放流活動を終え昼食を摂ってからは、来週以降の釣行に備えて二河川ほど下見。

一箇所目の河川は、まだ時期尚早で完全に期待外れの空振り。

二箇所目の河川。残された時間もあまりなかったので、「超」が付くほどの人気河川の最激戦区間に、実は今回初めて下見で入ってみた。



a0169776_20595693.jpg



で、初めて踏み入れた川の素晴らしく圧倒的な渓相に、ただただ感動。どうして今まで、こんな素晴らしい区間を敬遠していたのだろう、と後悔したりして・・・(笑)。

今回は小さな鱒にしか遊んでもらえなかったけれど、また次回、本腰を入れて大物に挑戦してみたいと心の底から思える流れだった。とてつもなく透明度の高い超人気河川だけにその難易度が「S級」なのは百も承知だけれど、自分の持っている引き出しをフル活用して挑戦し、なんとか勝機を見出したいところです。



a0169776_2165017.jpg




こんな楽しみをずっと続けていけるからこそ、フライフィッシングは止められない。


From Beyond The Horizon - Lycoriscoris


[PR]
by ultreya1204 | 2012-08-27 22:05 | 釣りと人 | Comments(8)

"ライフワーク"としてのFly fishing

(以下、とある「伝説のサイト」からの抜粋です・・・)

今月号の「川からの贈り物」に面白い記述があった。

フライロッダーズの釣りには、3つの段階がある。
1.できるだけ多くの魚を釣りたい段階
2.釣りにくい大きな魚を釣りたい段階
3.釣りのクオリティーを追求する段階

今の自分は2なのだが、それぞれの説明がなかなか説得力があって面白かった。

興味のある方は読んでみてください。


--------------------------


今からもう10年程も前になるだろうか。

それは、自分がまだ東京に住んでおり大学生だった頃のこと。

三ヶ月近くにも及ぶ長い夏休みを目前にし、地元・十勝における釣行計画を練っていた際に、十勝のフライフィッシャーが管理しているサイトに偶然行き着いた。


そのサイトの名は、「釣鱒大全」。


(これは管理人の勝手な想像ですが・・・)
恐らく、十勝で10年以上の間フライフィッシングをしていて且つ「大物狙い」を志している方であれば、少なくとも一度は見聞きしたことがあるサイトなのではないだろうか。

その「伝説のサイト」は、残念ながら今となっては閉鎖されているが(一部、掲示板はまだウェブ上に残っているようです)、閉鎖される以前までは何度も何度も繰り返し記事を読み耽った記憶がある。


どんどんと読み手を引き込んでいく文章、そして、素晴らしい鱒の写真の数々。
その方が、自分と共通して「左利き」だったことも、そのサイトに引き込まていく大きなキッカケとなったのかも知れない。


とにかく、「大物釣り」の難しさ、そして醍醐味を教えてくれた、自分が心から尊敬しているサイトだった。


自分はまだまだその方の足元にも及ばないが、何かの偶然で巡り巡って地元の十勝にUターン就職し、今となっては素晴らしいフライフィッシングの環境に恵まれて日々の生活を送っている。これは本当に幸運なことだと思う。


そして、自分自身も冒頭の引用の三段階で言うとようやく「2」の段階に差し掛かり始めたところ。


「2」の段階では数々の試行錯誤、そして喜怒哀楽の場面が用意されていることでしょう。


何年掛かるか分からないけれども、いつの日か「2」の段階をクリアして「3」の段階へと進み、フライフィッシングを自分の「ライフワーク」と思える時が来たら嬉しいな、と思う。


その境地に至るまでの過程で、ほとんどの釣り人がフィールドに通わなくなってしまう、という一説もありますが・・・(笑)。



[PR]
by ultreya1204 | 2012-02-10 23:35 | 釣りと人 | Comments(6)

The trout bum diaries vol.1

東京在住の頃より10年近くお世話になり続けているなべさんからクリスマス・プレゼントが届いたのは、微妙にクリスマスの時期を過ぎ、2011年ももうすぐ終わりを迎えようとしていた時のことだった(なべさん、この場を借りまして、改めて有難うございます!)。


ダンボール箱いっぱいに詰め込まれたたくさんのクリスマス・プレゼントの中の一つに、"the trout bum diaries volume 1 Patagonia"と銘打たれた危険な香り漂うDVDが入っていた。


a0169776_2093277.jpg



実は本日、ようやくそのDVDを全編観終えたところであり・・・。

DVDを観た直後の率直な感想は、「2012年、何処でもいいからとにかく海外に行って、違う空気の中で釣りがしたいな~。」という一言に尽きる!(笑)


"the trout bum diaries vol.1 Patagonia"のイントロ動画はこちら↓から観ることが出来ます。





そんなささやかな思いは、今年中に実現するのでしょうか・・・。


実現するかどうかは、自分次第。

海外の釣りを久々に本気で意識させてくれたなべさんに感謝です。

なべさん、今年は十勝の60UPレインボー狙いましょうね!



なべさんとの過去の釣行記はこちら↓

2010年7月22日
2010年7月23日
2011年9月17日
2011年9月18日
2011年9月19日


P.S.
「で、お前、今日は釣りに行かなかったのか?」と思われている方々へ・・・。


a0169776_20315037.jpg



こんな感じで川が凍り付いていたので、さすがに今回は奇跡も起こらず。完敗でした~(笑)。

んがしかし、色々と考えた末に一つ新たな仮説に思い当たったので、明日はそれを試しに行く予定です!

元気があれば、ですが・・・。
[PR]
by ultreya1204 | 2012-01-21 20:38 | 釣りと人 | Comments(2)

久方ぶりに先輩方と再会

8日(火)、一年以上ご無沙汰している釣りの先輩Kさん(東京在住)からメールが。
アメマス狙いで十勝川に遊びに来ているとのことで、有り難いことに夕食のお誘いでした。


a0169776_20143218.jpg



エイヤ!とテキトーに仕事を片付けて、向かった先は焼肉の平和園・札内店。

この写真の向かって右側が、東京で暮らしていた際に色々なこと(もちろん、特に釣り!)でとてもお世話になったKさん。そして左側が、名寄在住のフィッシングガイド・Wildlifeの千葉さん。(食事の様子は、Kさんのグルメブログからもチラリとご覧頂けます。)

実は私、4年前の初NZ釣行は、こちらのベテランお二方にお供させて頂いたという経緯があります。その節は大変お世話になり、これは生涯頭が上がらないですね~(笑)。ちなみに初NZの思い出と言えば、スプーキーなブラウントラウトにコテンパンにされたほろ苦い記憶ばかり・・・。

千葉さんと直近でお会いしたのは、確かその4年前のNZ釣行から帰国して成田空港で別れて以来(だったか、もしくは2,3年前のオホーツク・サーモン狙い以来。ちょっと記憶が曖昧・・・)。
そしてKさんと直近でお会いしたのは、昨年の1月末に私が二度目のNZ釣行に出る直前、東京で送別会をして頂いて以来。(その節は、ぷー太郎の私に親切にして頂き恐縮です・・・)

久々でしたが、お二方とも相変わらず元気そうで、とても楽しい焼肉でした。
ご馳走様でした!

Kさん、早春の十勝川はいかがでしたか?今年のハイシーズンは、是非十勝に遊びに来て下さいね。迷ガイドがお待ちしておりま~す。
[PR]
by ultreya1204 | 2011-03-10 20:34 | 釣りと人 | Comments(0)

ワカサギ新年会 @ 糠平湖

22日(土曜日)の早朝から昼過ぎまで、ロッジラッキーフィールドの吉原さんのお誘いでワカサギ新年会@糠平湖に参加させて頂きました。

私は前日の夜仕事を終えてからロッジに向かい、初めての宿泊。
とても美味しい鹿肉料理やピザ、チーズフォンデュ+ビール・ワインを頂きながら釣り談義に花を咲かせ、あっという間に楽しい夜は更けていったのでした・・・。
(本当は、今回のブログでロッジの写真を掲載しようと思っていたのですが、フラッシュをたかなかった為かことごとくピンボケ写真ばかりになってしまったため、ご紹介はまた次回ということで。残念~!)

翌朝早朝にロッジを出発し、快晴の青空の下糠平湖へ。
到着すると、道路脇の駐車場は、釣り人の車で早くも一杯。そして釣り場には、当然ながらテントが一杯。
この私が言うのもナンですが、皆さん、本当に釣りが好きですね~(笑)。


a0169776_20542410.jpg

a0169776_20545647.jpg



過去に安定して実績があるというポイントに到着し、早速テントを設営して釣り開始。
ベタ底までの深さが20m前後あり手返しが良いとは言えない水深ですが、魚影の濃さはとても素晴らしく、約一年ぶりの小気味良い魚信を沢山楽しむことが出来ました。


a0169776_211446.jpg



お楽しみは、何と言っても釣り上げたワカサギをその場で食べられる昼ごはん。
氷上でのワカサギ釣りは、この時期限定のとても贅沢な遊びなのです。
(吉原さん、昼食までアレンジして頂き有難うございました。)


a0169776_2142897.jpg

a0169776_215109.jpg

ワカサギの天麩羅。七味唐辛子をかけて頂くと絶品ですね。

a0169776_2161313.jpg

〆の天麩羅そば。これも美味しかった~。満腹です。


広大で美しい自然と、楽しい釣り仲間。冬には冬の楽しみ方があるんですよね。
やっぱり、十勝は自然環境に恵まれていると改めて実感しました。

今回お世話になった皆様、大変有難うございました!今後とも宜しくお願い致します。
[PR]
by ultreya1204 | 2011-01-22 21:25 | 釣りと人 | Comments(4)

十勝某所での忘年会

昨夜は、十勝某所にて開かれたフライフィッシャーの忘年会にお誘い頂き、初めて参加させて頂きました。
まだ若造の私が参加させて頂くのはちょっと不相応かなと思いつつ、色々な方々と知り合いになるチャンスだと思い、マイ寝袋持参で図々しく参加。

a0169776_21355484.jpg

a0169776_21383136.jpg

a0169776_2137285.jpg

釣り人の、お洒落な隠れ家・・・。憧れます(ピンボケ写真ばかりですみません)。
a0169776_2141438.jpg

この時期ならではの、とても美味しいエゾシカ肉。十勝のカリスマガイド、minamoさんにご馳走になりました。

宴会では、色々な方と知り合うことができ、様々な方面の興味深いお話を伺うことが出来て本当に楽しかったです(少し緊張しましたが・・・)。然別湖特別解禁、来年こそは是非何度か行ってみたいと思っています。ミヤベイワナ、釣ってみたいですね。それと、岸際をクルージングする大きなレインボー狙いも楽しそうです!

a0169776_21572544.jpg


午前三時過ぎ(だったかな?)まで続いた宴の翌朝、一晩中降り続いた雪により車の脱出が大変でしたが、なんとか無事自宅に帰ることが出来ました。家に帰って来てからの雪掻きも、雪が重くてなかなか応えました。

a0169776_2201065.jpg


趣味を通じて色々な方々と知り合えるのは、本当に幸せなことですね。
[PR]
by ultreya1204 | 2010-12-23 22:10 | 釣りと人 | Comments(0)