管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

Wisdom Of Dolly Varden Trout

a0169776_2114974.jpg



8月15日(水)。

お盆期間だったので、この日は一日休暇を取得。
広尾町に帰り、日頃見守ってくれているご先祖様に感謝の気持ちを込め、手を合わせてきた。


そしてその帰路、結局いつも通りに山奥の渓へ・・・(笑)。


12日のモンスターレインボーのような魚は期待せずにゆっくりと渓を釣り上がてみると、この日反応が良かったのは予想に反してオショロコマ。



a0169776_2164684.jpg



a0169776_217476.jpg



第一ターゲットはもちろんレインボートラウトに設定していたので、使用していたのは大きな蛾をイメージした#6前後のフライ。



a0169776_21261283.jpg




しかし、普段はレインボーの影に鳴りを潜めているはずのオショロコマが、びっくりするくらい積極果敢にフライにアタックしてくる。しかもどういう訳か、33cmの自己記録サイズを筆頭に、釣れればどれも尺前後の個体ばかり・・・。

主要なポイントを叩けば、大体どこからもオショロコマが湧くようにフライにじゃれ付いてくる・・・。そんな経験は、もちろん今までに無いことだった。



a0169776_21113544.jpg



a0169776_21134067.jpg




翌日になって、この不思議な現象の理由が(多分だけど)分かった。

実は、私が入渓した15日の夜頃から、その山岳渓流では多い時で1時間に20mmほどのまとまった雨が降り続き、渓はかなり増水したのだ。その渓で何年も生き続けてきたオショロコマ達は、きっと大雨で渓が増水し始めることを事前に本能で察知し、出来るだけ多くの餌を捕食しておこうと躍起になって積極果敢にフライにアタックしてきたのだろう。



a0169776_2112469.jpg




普段は弱い立場に置かれている在来種のオショロコマが深山幽谷でいまだにしたたかに生き延び続けている理由が、少しだけ理解出来たような気がする一日だった。



-----------------------------------


8月18日(土)。


a0169776_2131298.jpg



a0169776_21312254.jpg



朝から気持ちよく晴れ、気温もグングン上昇しそうな盛夏の一日。
河原には、グリーンホッパーやカメムシの姿が見えた。この日もまだ12日の釣りの余韻が残っており、あまり本気モードにはならず・・・。



a0169776_21343637.jpg




のんびりと釣り上がっていると、理想的な流れの筋にて水面が炸裂。ヒットしたのは、とても男前なレインボートラウト。




a0169776_21353493.jpg




a0169776_21364190.jpg




でも、なんか見たことあるな、と思って帰宅後写真を照合してみたら、なんと先週も釣っているレインボーだった(笑)。

全く同じ流れの筋、全く同じフライにて、全く同じようにヒットしたレインボー。さすがに今回で、ちょっとは学習してくれたかな・・・。



a0169776_22333294.jpg




気温はまだまだ高いけれど、空は確実に秋らしくなってきている。
日がだんだん短くなってきたし、秋の始まりを象徴する昆虫の姿も増えてきた。


いよいよ、『ホンモノ』が動き出す季節の到来が近い予感。自分の心のギアも、そろそろ一段階上がるはずなんだけどな~・・・。




Calm Under The Waves - Maria Mena


[PR]
by ultreya1204 | 2012-08-22 00:00 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(4)
Commented by pockx-efc at 2012-08-22 00:17
オショロコマそんなナイスな型のが釣れるんですか!?
豊かですね~羨ましい…
しかしかっこいいニジマス!なかなかいませんよね、筋肉質
それにしても、同じマスを釣るとか、神業か奇跡と思えてなりません…
Commented by bowzkei at 2012-08-22 10:47
Dollyで思い出しましたが、降海型のオショロが時々いると聞いたことがあります。40位でオレンジポイントのまわりが青く囲まれてるとか、ギンケとか。ニジマスも海を降りるのが居るとか、6月下旬からのわずかな期間にみるという川もあれば、冬場に見るという川も聞いたことがあります。十勝はどうですか?そんな鱒を育む北海道は本当に奥が深いし素晴らしいですね。
Commented by ultreya1204 at 2012-08-22 23:34
pockx-efcさん
こんばんは。
オショロコマ、日高山脈の山奥にはまだまだ良いサイズが残っているようです。自然が豊かな証拠ですね!
今回の二週連続の雄レインボーには、実はちょっとガッカリしたのです。何故かと言うと、この鱒はもっと賢い鱒だろうと思っていたから・・・。同じような手法で二週連続釣られると言うことはこの鱒の学習能力の低さを示している訳で、この鱒の未来がとても心配です・・・。
Commented by ultreya1204 at 2012-08-22 23:48
bowzkeiさん
こんばんは。
降海型のドリーバーデンに関しては、十勝ではなかなか難しいかも知れないですが、知床方面のより原始に近い自然環境であれば、普通に有り得る話だと思います。それと、降海型のレインボー(スティールヘッド)に関しては、十勝に限らず太平洋やオホーツク海沿岸であれば何処でも可能性がありそうです。(通称「テツ」と呼ばれているようですね。)
時期的なことは明確には分からないですが、色々な情報から推測する限りでは、恐らく晩秋以降~翌年春先の雪代前の時期に、河川の中~下流域で狙うのが最も効率的なのかと思います。
スティールヘッドに関しては、今年の晩秋から本格的に狙ってみようと思っています。まあ、狙って簡単に釣れる程、個体数が多い訳ではないようですが・・・(笑)。
いずれにしても、アングラーに大きな夢を与えてくれる奥深い自然が身近にあるのは本当に幸せなことだと思います。