管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

Rainbow After Summer Rain

8月11日(土)。

週末が訪れるまでの間に、ようやく待望のまとまった雨に恵まれた十勝。
この雨で渇水のシビアな状況が一時的に改善し、川が確変状態になってくれていることに期待して少し早めに出発。



a0169776_2030286.jpg




いかにも「雨上がり」と言った感じの風景の中、山奥へと向かう。
事情により本命区間は後回しにすることとして、まずは某止水にて時間潰し。

先週、推定50前後の鱒を数尾すっぽ抜けてしまった止水の某ポイント。
冷たい沢水が流れ込んでおり、ウェーダー越しに伝わってくる水温は前回よりも明らかに数度下がっている。



a0169776_20361597.jpg




「この適水温の状況なら、すっぽ抜けずにしっかりフッキングさせられるはず・・・」

そう信じて良型のライズを狙ってみたところ、短時間で十分に前回のリベンジを果たすことが出来た。



a0169776_20385025.jpg




a0169776_2039729.jpg




a0169776_20382787.jpg




朝の小一時間のウォーミングアップを終え、とても気分良く本命区間へと移動。

この本命区間、核心ポイントに至るまでの間に何箇所も誘惑されるポイントがある。
各ポイントにてそれぞれ1時間ほど覗き見してしまい、核心部に到着した時に時計を見ると既に15時半を過ぎていた。

核心ポイントとは言っても、自分にとって過去に大きな実績があるわけではない。

ただ何となく、今回の雨後のビッグチャンスはこの場所で何かが起きそうな予感がしており、何としてでも一番良い時間帯(と言うか頃合い?)に入りたいと思っていた。

そしてその予感は、#6のテレストリアルフライに襲い掛かる良型のレッドバンドの姿によって証明されることになった。




a0169776_2052208.jpg





ヒットと同時に力強い突進と潜水を披露し、アクロバティックなジャンプを二発。

そのジャンプの際の素晴らしい体高と突進力から、久々の60クラスも想定に入れて慎重に鱒をいなす。ティペットは、フロロカーボンの4X。大きな底石が幾つも入っているポイントであることから、全く油断は出来ない。

寄せては潜られ、寄せては潜られの一進一退の攻防が、10分近く続いただろうか。
その手強い相手がようやく水面付近に浮上して来たチャンスを逃すことなく、一気呵成に手前側に引き寄せランディングすることが出来た。














a0169776_2102491.jpg





a0169776_211398.jpg





a0169776_2113913.jpg





a0169776_212778.jpg





期待通りの60UP、にはちょっと至らなかったけれど(笑)、こんな理想的コンディションの男前レインボーに逢えたのだからもう何も言うことはない。

将来性十分の雄虹鱒、今度は60UPになった時にお手合わせ願いたいところです。




a0169776_21115766.jpg




Thank You.






P.S.
土曜日の釣行で、8月の雨がもたらす「確変」の片鱗を垣間見ることになった今回の週末。
んがしかし、本当の意味で度肝を抜かれるドラマチックな「確変」のシーンは、実は翌日(日曜日)に用意されていたのだった・・・。




a0169776_21354422.jpg





最後の最後まで激しく抵抗してオイラの足腰をヘロヘロにさせてくれた、凄まじい体高のモンスターレインボー。

さて、この巨大な尾鰭の鱒の全容は、一体どんな姿なのでしょうか・・・?次回投稿(もちろん久々のファン限定公開)に、どうぞご期待下さい(笑)。




Alegrias - Paco de Lucia


[PR]
by ultreya1204 | 2012-08-12 22:00 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(14)
Commented by bowzkei at 2012-08-12 23:30
デカイ団扇尾びれですね、おはなし楽しみ。明日から道北の源流へ涼みに行きます。
Commented by デブツ at 2012-08-13 09:50 x
シモンさん おひさです。

何ですか?それ!その尾鰭!!!
つーか、尾鰭の付け根の太さ!これから遡上する鮭並の太さ!

やはり十勝のニジは、ひと味もふた味もちがいますねぇ~。

Z-Axis をもっといたわってください。(笑
Commented by ponzu1109 at 2012-08-13 13:19
お久ぶりです、シモンさん。
ブログの方は見させて貰ってました。
毎回好調ですね~!!羨ましいかぎりです。
60UPには届かずとも精悍な顔つきと尾びれ(尾の付け根の太い事)そうとうのpowerの持ち主でしたでしょう!!
この時期、このSizeなら申し分なかったでしょうね~!!
朗報が届き、あまり時間は無かったのでしたが行って来ました。
2時間ほどで50UP1本と40up2本とオマケのアメマスが釣れ満足な日でした。
今週末もう1度行ってみようと思ってます。
シモンさんの日曜日の記事も楽しみにしてますよ~
Commented by nobu0038 at 2012-08-13 22:03 x
シモンさん、こんばんわ。
シモンさんとはニアミスばかりですね(笑) 最初の止水のポイント、僕も数匹遊んで頂きました。 あの枝が丁度邪魔なんですよねっ(笑)
その後ろの湛水部分のモンスターを狙い毎日毎日通って今日なんか2度咥える寸前でプイッとされ山奥で一人Fa○k!!と叫んでしまいました。
ちなみにあの止水のインレット部分の倒木の中にも良いのいますねっ(ニヤ)数匹。 諦めず通ってますのでタイミング良くフィールド御逢い出来ましたお話しましょう!!
Commented by ultreya1204 at 2012-08-13 22:39
bowzkeiさん
こんばんは。
この尾鰭、ヤバイですよね~。
本体は、自己記録更新となる胴回りの板マスのような姿でしたよ。本当にこの魚がドライフライに出て、自分が釣り上げたのか疑ってしまう程の姿でした・・・。次回投稿にご期待下さい。
Commented by ultreya1204 at 2012-08-13 22:42
デブツさん
こんばんは。ご無沙汰しております。
遅ればせながら、念願の60UPおめでとうございます!素晴らしいコンディションの雌ですね。拍手だけ、慎ましやかに贈らせて頂きました(笑)。大きい方も、是非バシッと仕留めて下さいね!
十勝のフィールド、まだまだ奥は深いです。これからも、大台の80UP目指して頑張りますよ。
Commented by ultreya1204 at 2012-08-13 22:46
ponzu1109さん
こんばんは。
そう言えば、そろそろアメマスも気になる季節ですよね~。でも、いつもアメマスを気にしつつ、結局はレインボー狙いで通してしまうのですが・・・(笑)。ご友人、75cm釣られたんですね!なんとなく西別川っぽいような気がしますが、気のせいでしょうか?
北海道は、お盆も過ぎるとそろそろ本格的な大物トラウトの季節でしょうかね。気を引き締めて、モンスター達に闘いを挑まねば・・・。
Commented by ultreya1204 at 2012-08-13 22:59
nobu0038さん
こんばんは。
通っている場所は、ほぼ同じのようですね。
最初の写真のポイント、本当にあの枝が邪魔です。特に私の場合レフティーなのでオフショルダーキャストで狙わざるを得ず、本当に狙いにくいポイントです。
ところで、nobu0038さんが狙っている60UP、この後ろの溜まりの鱒なんですね。水面がフラットなので、賢さから判断して6もしくは7X位まで落とす必要がありそうですね。もしフッキング出来たとしてもその後のやり取りが・・・、と想像すると、非常に厳しいですねぇ。あとは、一段階でも太いティペットを使える絶好のタイミングが訪れるのを待つしかなさそうですね。
nobu0038さんとは、きっと近い将来お会いすると思います。その際には、どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by タッド at 2012-08-15 01:41 x
「雨のた後には虹が出る...」ですか...これまでにいっぺんに2つの虹が掛かるのを見たことがありますが、いったい幾つの虹がでたのですか?...w
 それにしても奇遇です。。。アルディメオラをUtubeで検索して聴いていたら、パコですか...帯広の駅前を思い出しました...www 失礼!
Commented by ultreya1204 at 2012-08-15 20:45
タッドさん
こんばんは。
雨の後に、目ん玉ビョ~ン状態のとんでもない虹が出てしまいました(笑)。もうすぐ記事UPしますので、サイズについての回答は少々お待ちくださいませ。
Commented by yamame at 2012-08-17 22:40 x
ultreyaさん、いつもブログを拝見してますが、想像を超えたビックレインボーGETには驚愕をとおり越して次元の違うFFを見ているようで
下天は夢か?と錯覚しておりますw
パコデルシアのスパニッシュはディメオラやマクラグリンというフィルターを通して知りましたが、初めて聞いた時は鳥肌がたちました。
でもその後はスパニッシュの旋律がブルーノートと通じるところがあり、
良くも悪くも一本調子で新鮮さが薄れたのが正直なところですw
夏の夜の世迷言で申し訳ない(笑)
Commented by ultreya1204 at 2012-08-17 23:08
yamameさん
こんばんは。
今回のレインボーのグラマラスなボディーには、私もたまげてしまいました(笑)。止水ならまだしも、一般渓流ではなかなか有り得ない太さです。きっと、アングラーに対する相当な警戒心と、ホンモノはどんなものでも捕食する貪欲さの結果、こんな体型になったのでしょうね。
Paco de Luciaは、私は大学生の時(もう、7~8年前ですね・・・)に初めて聴き、その当時はyamameさんと同じく鳥肌ものでしたね。その感動は今でも変わりませんが、今はVicente Amigoの方が好みになりつつあります。スペインは3ヶ月ほど放浪の旅をした思い出の地でもあり、なんだか時々無性にフラメンコギターの音色が聴きたくなるんですよね~(笑)。
Commented by byr03310 at 2012-08-18 02:58
シモンさん
 はじめまして。
 と言いたい所ですが、実は一昨年NZ釣行の際にこのブログを通じて色々と質問させてもらった者です。そして、限定公開の際に情報提供させてもらった者です。そして、おそらくこのブログを最もストーカー並に訪問している者です(爆)。
 いつも大変楽しみに閲覧させてもらっています。シモンさんのブログはモンスター級の釣果をあげられているのがエキサイティングなのはもちろん、ストーリーの構造がとても緻密で、読み手を魅了して止みません。
 実は、来週から北海道釣行で、今年は十勝方面にも訪問予定です(いつもは道北ばかりなんですが)。偶然河川で会えたら楽しいですね。ちなみに、この時期十勝方面でお勧めの河川ってどの辺なんでしょう?って、こんな公な場所で情報提供する人はいないとは思いますが(笑)、差し支えない範囲でぼんやーりとご教示頂けたら幸いです。
 今後もブログ更新を楽しみにしています。
Commented by ultreya1204 at 2012-08-18 19:36
byr03310さん
こんばんは。
確か、福原さんですよね?しっかり覚えております(笑)。
その後も引き続きこのブログを読んで頂いていたようで、有難うございます。
ところで、来週から北海道釣行ですか・・・。トラブルなく、いい結果が出るといいですね。十勝の河川については、多くの方の目に触れる場なのであまり詳しいことは書けませんが、私が知っている『いい場所』は大体雑誌とかメディアで取り上げられているようなところばかりですよ。当然ながらアングラーの数も非常に多いですが、それでも運と条件さえ揃えばそれなりの結果が出てしまうのが十勝のフィールドの凄いところだと思います。逆に言うと、「誰も訪れない秘境」のような場所はほぼ十勝には無いと思います。
それでも、十勝川水系は大体どの河川でも、50クラス、60クラスあるいはそれ以上のポテンシャルを秘めていると思います。と言うことで、油断せずに、気を引き締めて臨んで下さい!(笑)