管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

Longing For Rain To Fall

7月28日(土)。

この日の予想最高気温は、30度超。
渇水とハイプレッシャーでどこも厳しい状況であることを予測しつつ、少しでも暑さを避ける為に山奥のポイントへと向かった。

山奥に到着してみると、日高山脈から吹き降ろす風が想定外になかなか強烈。
予定していた止水での釣りは諦め、ひとまず夏枯れ状態の河川を釣り上がることにした。

入渓したのは、先週数尾の良型をすっぽ抜けしてしまった区間。
先週よりも更に水位が下がっており鱒の反応はシビアだったが、前回悔しい思いをした小スポットにて、今度は確実にフッキングに持ち込むことが出来た。







a0169776_20574785.jpg











a0169776_2058383.jpg




先週の悔しい残像が脳裏に焼き付いていただけに、とても嬉しい50クラス。






a0169776_2105244.jpg




この一尾の後、更にもう一箇所先週すっぽ抜けたポイントにても、リベンジ成功。
他にも数箇所、もっといい鱒が入っているポイントがあるのだけれど、そこはまた次回のお楽しみと言うことで・・・。

それにしても、ほんの僅か1km程を歩いただけなのに汗がダラダラ。
上空から容赦なく照り付ける太陽光線に、一気に体力を奪われてしまった。

熱射病になってはマズイので、渓流の釣り上がりもそこそこに昼頃には下山を決意。しかし、下山する前にやはり止水の様子がどうしても気になる・・・。

湖面には強い風が吹いておりライズはほぼ起こりそうになかったのだが、こういう渇水状態でなければ絶対に渡れない対岸に渡り、高い崖の上から鱒の姿を探していると・・・。






a0169776_21133475.jpg






岩盤沿いにて、水面付近に定位しながらユラユラと揺れる推定50cm程のレッドバンドの姿を発見。
(※サイトマスター越しに撮影したレッドバンドの姿、あなたには見破れるでしょうか?)

発見した時点では、ライズしそうな様子は無し。
しかし、下山してしまってからの予定も特に無かったのでじっくりと腰を据えて行動を観察していると、観察し始めてしばらくの時間(多分20~30分くらい?)が経過した頃、おもむろに水面に出てライズを開始。

ライズの傾向からして、風が弱まった一瞬に水面の流下物を発見し、捕食している様子。

時折砂塵を巻き上げる強烈な風と悪い足場が妨げとなりかなりの苦戦を強いられたが、ライズに向かって静かに#12のテレストリアルを送り込むこと二十投目くらい・・・。フライが鱒の真上を通過したところで、三角形の鼻先が静かに水面を割った。












a0169776_21253944.jpg




なかなか良い顔付きの雄のレッドバンド・レインボー。
この一尾の姿を発見してからキャッチするまでに、実に1時間以上も試行錯誤の時間を要した。状況的に仕留めるのが本当に難しいライズだっただけに、価値のある嬉しい一尾。

この一尾で山奥の釣りには満足し、そのまま下山。
夜は広尾町泊の予定だったため、そのまま南十勝方面に向かう。





a0169776_2134492.jpg






途中、在来種のヤマメとイワナをターゲットに懐かしい小渓流に入り、小一時間ほどライトタックルの釣りを楽しむ。ヤマメもイワナも、とても無邪気にドライフライにじゃれ付いて来てくれた。





a0169776_21393011.jpg





小さな砂防ダムの全く用を成していないように見える魚道も、渓流魚たちにとってはとても貴重な棲家のようで。提灯釣りなんぞ、本当に久し振りに夢中になってやってしまった。多分、こんな釣り方に夢中になったのは5年程前の山梨県・日川以来だな・・・(笑)。






a0169776_21363335.jpg




それにしても、南十勝のヤマメは絶妙に美しい。





a0169776_21414585.jpg




例年通り、まとまった雨を待ち焦がれる難しい季節になりましたね・・・。





a0169776_21423317.jpg



Thank You.



Paris, Texas - Ry Cooder


[PR]
by ultreya1204 | 2012-07-30 22:30 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(12)
Commented by bowzkei at 2012-07-30 23:13
クルージングの写真右下かな?見破れません(笑)綺麗なヤマメも大きいですね、最近は在来種にも興味が湧いてきました。可愛いものね。お盆の天塩、源流部の涼しい釣りから、秋の大物狙いの本流ど真ん中のポイントの下見まで一週間で計画中です。
Commented by nobu0038 at 2012-07-31 17:51 x
シモンさん、昨日と今日連日朝から手前の水溜りに行ってきましたよw。 谷風が吹いて大変でしたけど何とか数匹仕留めてきました。
中に良型の鱒がエッサマンから逃げた様で仕掛けを付けたままクルージングして来ましたのでランディングして外してあげようと思いキャストした数センチの所で違う鱒に横取りされてしましました。(笑)
シモンさんもし見かけたら掛けて外してあげて下さい。
Commented by pockx-efc at 2012-07-31 19:51
またまた厳つい顔の野性味あふれる魚ですね~凄いなぁ…
岩盤沿いのニジマス、ちょうど写真の真ん中辺りに赤い何かが見えるような…しかし言われないとわかりませんね^;
ヤマメ良いですね~!!幅広できれいです!独特の色合いですね~
やーーナイスフィッシュ!!
次に十勝に行ったらヤマメ狙ってみます^^
Commented by タッド at 2012-07-31 21:03 x
20年近く前は掲載のUtubeにある景色の中を旅したことがあります。砂漠のなかでキャンピングカーを停めて、空き缶を銃で撃っている子供の姿、照りつける太陽の下で浮浪者の原住民の姿、モニュメントバレーに登る朝陽、、、当時はまだ若かったから...
Commented by ultreya1204 at 2012-07-31 23:04
bowzkeiさん
こんばんは。
鱒の位置は・・・、次回投稿にて!(笑)
十勝と言うと虹鱒のイメージが強いかも知れませんが、実はヤマメやイワナ、オショロコマなんかの在来種もとても豊富なフィールドなんですよ。特に私のイチオシは、南十勝(私の故郷)方面のヤマメです。幅広で美しい魚体、是非バンブーロッドで狙って頂きたいです。
お盆は天塩方面ですか。とんでもない本流レインボーが潜む大河、夢が膨らみますね。十勝でばかり釣りをしていると、いつの間にやら「井の中の蛙」になってしまいそうです(笑)。
Commented by ultreya1204 at 2012-07-31 23:10
nobu0038さん
こんばんは。
先日は、素敵なアドバイスを頂きありがとうございました。
昨日、今日と、順調にターゲットをモノにされたようですね!あのポイント、「風」がかなり鍵を握っていそうな気がします。強風だと、アングラー的に辛いですね。
エサ師の仕掛け付きの鱒、もし私が見掛けたら何とかランディングして外してあげたいです。nobu0038さんも、その鱒をなんとか助けてあげて下さい(笑)。
Commented by ultreya1204 at 2012-07-31 23:23
pockx-efcさん
こんばんは。
こういう厳つい顔付きの虹鱒は、きっと「居付き系」なんだと思います。ストラクチャー付近に縄張りを敷いて、虎視眈々とテリトリー内に入ってくる餌を狙っているようなイメージです。
ヤマメも、独特な美しさがありますよね~。一年に何度かは釣って、その姿を目に焼き付けておきたい存在です。
Commented by pinzo at 2012-07-31 23:25 x
ultreyaさん、こんばんわ。
十勝釣り遠征無事?終了しました。
土曜日は通行止めの山上湖も強風の中レンタサイクルで強行しました。
一人フローターで浮きましたが、反応渋く1尾がやっとでした。
途中ultreyaさんと覚しき車を見かけましたが違うかな?白の4駆にテンガロンハットっぽい帽子被ってませんでした?

他の日もフローターで別のポイント行きましたがそこそこ楽しめました。デカいのは切られたので次回の課題です。

某止水では熊らしき物凄い音にびびって逃げる経験もしました。
ラッキーフィールドにも泊まってultreyaさんのことも少しだけお話しましたよ。
ではまた。
Commented by ultreya1204 at 2012-07-31 23:32
タッドさん
こんばんは。
このYouTubeの動画の世界、私にとってはまだ未知で、憧れというかいつか一度行ってみたいと思っている世界です。
タッドさんが見た、当時の世界・・・。
それはもう、遠い昔の話なのでしょうか、それとも今も変わらずに、続いている世界なのでしょうか。
私は、アメリカも含め、これまでに貧乏旅行をした国は10カ国ほどありますが、こうして日本の田舎に落ち着いてしまいしばらくの時間が経つと、どこか退屈な気がしなくも無いです(笑)。
でも、心の何処かでは「早く落ち着ける場所を見付けなければ・・・」という静かな焦りもあり・・・、なかなか難しいお年頃、という時期に差し掛かっているのかも知れません(笑)。
Commented by ultreya1204 at 2012-07-31 23:48
pinzoさん
こんばんは。
十勝遠征、無事終了されたようで良かったです。
山上湖の釣り、土曜日は強風が吹き、かなり厳しかったと思います。
pinzoさんが見掛けたアングラーは、私とは違います。乗っている車はシルバーで、テンガロンハットも被っていないですよ。
pinzoさんが今回入られた場所は、どこもかしこもヒグマの巣窟ですよ(脅している訳ではなく、本当です)。でも、やっぱりそういう場所に挑みたくなるものなんですよね。
Commented by nobu0038 at 2012-08-01 17:06 x
シモンさん、こんにちわ。 今日で長期休暇も終わりという事で仕掛けを外しに早朝行ってきましたw。 だれも居ないあそこまでの道のり何時も出るんでか出るんでかと思いながら歩いてたら前方のガードレール右から大きな狸(!?)が登場してきましたわ、、、、、。そのまま山神様はのたのた歩いて途中で左に上っていきましたよw。 今日はいきなり豪雨に見舞われましたがずっとあの岩に座り込み際を回遊してくる鱒を教育してきましたので(笑) シモンさん追加教育お願いします。 可愛そうな鱒は中央辺りから寄って来ませんでした(悲)
Commented by ultreya1204 at 2012-08-01 22:04
nobu0038さん
こんばんは。
本日も出撃、お疲れ様です。今日は一時的に豪雨もありましたが、今の厳しい状況にとっては少しは救いになりそうな雨でしたね。
あの先っぽにある岩、座って静かにクルージングを待つには最適な場所ですよね。nobuさんの教育によって鱒達もかなり賢くなっていると思いますが、更に追加で教育できるよう今週末頑張りたいと思います。例の「仕掛け付き鱒」も、なんとか助けてあげたいですね。