管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

A Bright Sunshiny Day

4月1日(日)。


a0169776_21571656.jpg




突き抜けるような、爽やかな青空。その青空と対を成すように、ぽっかりと浮かぶ白い雲。

前日のどんより重苦しい天候が嘘のように明るい光に満たされ、とても気分の良い早春の一日。



前日は、何もかもが噛み合わない一日だった。

そんな「不本意な一日」を過ごした後の自分は、いつも以上に気合いが漲っている。

これを野球に例えるならば、失点に絡むエラーをしてしまった直後に得点圏のチャンスで打席に立つ野手の気分と言ったところ(笑)。



午前11時、川に到着。

通過するポイントは全て入念に探りを入れる覚悟で信頼のダブルニンフをセットし、渓を釣り上がる。






a0169776_2263963.jpg



30~40クラスのレインボーは幸先良くフライに反応を示してくれるが、自分が狙っているのはこのサイズではない。

前日の不本意な釣行を払拭するに相応しい鱒を求め、足で距離を稼ぐ。それにしても、ポイント間の距離が遠い・・・。


気持ちの良い早春の日差しを浴びながらしばし歩き続け、ようやく「良い雰囲気」を漂わせているポイントに到着。

水面に覆い被さっているのは、倒れかけた柳の枝。

その柳の枝の下は推定水深1.5m程の深みとなっており、良型の鱒が付くには格好のスポット。

柳の枝にラインを取られないよう意識しつつ、ダブルニンフを送り込んで執拗に誘いを掛ける・・・。













a0169776_2215232.jpg



a0169776_22154918.jpg



L:51cm / W:31cm。素晴らしいジャンプで翻弄してくれた雌レインボー。



この一尾との出逢いで、前日の「不本意な気分」はほぼ解消された。だが、この日の設定目標はあくまでも「60UP」。

自分にとって未知の領域となる、更に上の方の流れを目指す。



a0169776_2224154.jpg




推定1km以上、変わり映えしない瀬を黙々と釣り上がった頃・・・。

倒木が折り重なり、理想的な深みを形成しているポイントに差し掛かった。

「自分の実力で引き出せるかどうかは分からないが、ここには間違いなく良型の鱒が棲み付いている。」

そう確信を持ったポイントでは、すぐに反応が無くても、手を替え品を替えでひたすらに粘り続ける。

沈んでいる倒木の際を舐めるように、ダブルニンフを漂わせ続ける。




ふとした瞬間、半沈み状態のラインが「スーッ」と深みの方に呑み込まれていくような感覚があった。

一呼吸入れてからロッドを重く煽ると、その鱒は狂ったように下流へと突進し、4度クレイジーなジャンプを披露。









a0169776_22341792.jpg




レインボートラウトの釣りは、やっぱりこうあるべきだと心底思うわけで・・・。












a0169776_22351067.jpg



a0169776_22355917.jpg



a0169776_22362674.jpg



a0169776_22364490.jpg



L:54cm / W:30cm。とてもいい色が出ている、雄のレインボートラウト。

こういう鱒に出逢える環境がこれ程身近にあるのは、本当に幸せなことですね。


爽やかな十勝晴れの空の下、「60UP」を追い求める贅沢な時間は続いていく・・・。


<次回投稿へと続く>






P.S.
いつも応援して頂き有難うございます。とても励みになっています。

次回投稿では、ちょっと久しぶりに60UP虹鱒が登場します。もちろん限定公開ですよ~(笑)。
[PR]
by ultreya1204 | 2012-04-02 00:00 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(10)
Commented by bowzkei at 2012-04-02 07:09
ここのところ、口唇が傷ついているように見える鱒がいますね。釣り人がリリースしているので生きてくれているんでしょう。もっともっと気をつけなきゃいけませんね。
Commented by ultreya1204 at 2012-04-02 08:16
bowzkeiさん
おはようございます。
そうですね、仰る通りだと思います。
しかし現実には、特に今回入った川の場合、ハイシーズンには100~200メートルに一台の割合で釣り人の車が停まっている様な超人気河川であり、釣り人のジャンルも餌釣り、ルアー、フライetc.と多種多様。ビギナーの人もたくさん訪れる河川なので、この大きさまで生き続けてきたこと自体が奇跡に近いのかも知れません・・・。
私が思うに、こういう口傷の殆どはまだ幼い頃に乱暴なリリースをされて付くものだと思っています(幼い頃の方が、口が柔らかく壊れやすい)。
いずれにしても、鱒をリリースする時は細心の注意を払ってリリースしたいものですね。
Commented by fishytaddy at 2012-04-02 12:45
昨日、自分はぱんちょうの豚丼だけを食べて帰ったのに、同じ十勝晴れの空の下、この差は、やはり実力の差ですね。まぁ、6割は「若さ」ということにしておいてください。。。笑)
Commented by こるとれーんtone at 2012-04-02 18:33 x

おばんです、こちらは増水模様が見えてきましたがシモンさん
処は冬っぽい景色がちらほらと見えますね、
大きな鱒、好きですがやんちゃな若い鱒もeeもんですね。
あたしは昨日のミンクにちょい逢いたい気がしました^^.
soんな鱒が動き出す春が待ち遠しいですね^^.
Commented by ponzu1109 at 2012-04-02 20:02
こんばんは、
シモンさん。
前日のアクシデントはお疲れ様でした。
私も前回の釣行の時に危なくアクシデントに合いそうになりましたがアクセルをふかしノーストップにて辛うじて脱出しました(笑)
この時期は気を付けないと何があるかわかりませんね!!
日曜日は早速リベンジと良いサイズの連発ですか~!!
綺麗な雄ですね!
ついに60UP登場ですか!
良いですね~!!boy&girl!?楽しみですね!!
シモンさんのブログの中から笑い声が聞こえますよ~(笑)
Commented by ultreya1204 at 2012-04-02 21:41
fishytaddyさん
こんばんは。
ぱんちょうの豚丼、美味しいですよね!fishytaddyさんにとっては、"十勝を思い出す味"でしょうか。
爽やかな青空の下のレインボー・フィッシング、楽しかったですよ。でも、歩き過ぎて、今日は足腰がだるいです(笑)。もうすぐ30代に突入なので、衰え始めた身体をそろそろ鍛え直す必要がありそうです・・・。
Commented by ultreya1204 at 2012-04-02 21:47
こるとれーんtoneさん
おばんです。
こちら十勝は日向の雪はかなり消えましたが、日陰にはまだまだ残雪ありです。昨年と比べて、雪解けの進み具合や雪代の出る時期は明らかに遅いですね。この感じだと、ドライフライのシーズンも少し遅れるかも知れないです。
レギュラーサイズの鱒が釣れるようになると、水中ではもうハイ・シーズンですね。昨日のミンクは、野生動物とは思えない程警戒心が薄かったです(笑)。
ところで、こるとさんの水棲昆虫に関する記事、非常に興味深く読ませて頂いております。これからも、色々と勉強させて下さい!
Commented by ultreya1204 at 2012-04-02 21:56
ponzu1109さん
こんばんは。
前日のアクシデントは、結構きつかったです。あの一件&雪代で、釣欲が一気に冷めてしまいました(笑)。お互い、トラブルには用心して楽しみましょう(反省)。
不本意な土曜日とは打って変わり、日曜日は爽やかな青空に恵まれ楽しい時間を過ごすことができました。60UPの念(笑)もどうにか天に通じたようだったので、嬉しかったです。
ところで、ブログの中から笑い声、聞こえちゃってますか~?声を出さないように、ムッツリとほくそ笑んでいるつもりだったのですが・・・(笑)。
Commented by 大盛 at 2012-04-03 23:58 x
この間近所の川に行きましたがボウズでした


ultreyaさんはいつも釣れていてうらやましいですし実力も半端じゃないんだと思います^^
いつかご一緒させて頂けたらうれしいです(笑)

それと親がブログのファン申請許可してくれなくて困ってます(泣)

実はブログへのコメントもだめみたいで親が居ないときだけしてるんです(泣)
Commented by ultreya1204 at 2012-04-04 21:50
大盛さん
お久し振りです、こんばんは。
この時期はまだまだ鱒の活性がイマイチで、私もいつも「ボ」の恐怖と闘いながらの釣行ですよ。こういう時は、実力どうこうよりも足で距離を稼ぐことと、大場所で粘る忍耐の方が重要かも知れません。
ところで大盛さんは、親御さんと同居されているんですね。失礼ですが、もしかしたら今はまだ学生さんでしょうか?本業の方もしっかり頑張って下さいね!