管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

新たな『相棒』と過ごす一日

3月11日(日)。

前日は、愛着あるロッドを無残にもへし折るモンスタークラスにKO負けを喫し、無念の悔し涙を飲んだ。

普段は平和なイメージのある釣りの世界にも、常に暴力が隣り合わている。なんだか不思議と、ヘミングウェイの小説を思い浮かべてしまうような・・・。



この日は、しばしの間自分の『相棒』になるであろう予備ロッドを片手に、AM10:30~PM:2:00頃までの間早春の渓を歩いた。


a0169776_21314062.jpg



これからしばらくの『相棒』は、SAGE RPL #6 9ft。

もうかれこれ10年程前に先輩のKさんから安価(確か10,000円くらい)で譲り受けたもので、心細いことに生涯保証書は付いていない。

そう言えば、初めてのニュージーランド釣行(2006年12月~2007年1月)でも下手クソな自分の相棒として大役を果たしてくれた、思い出深いロッドだ。


Z-AXISとは違い、折れてしまえばもうそれっ切り。そして、いつ折れてしまっても不思議ではない古さ。


大物を掛ける度に、常に命を削るようなギリギリの覚悟が必要となるのは間違いない(笑)。








a0169776_21374718.jpg



そんな複雑な心境が影響したのかしていないのか、この40クラスをランディングするまでに、二度致命的なミスを犯した。


鱒を掛けるまでは良いのだが、その後のファイト時のロッドの曲がり具合に妙な違和感を感じてしまう。自分にとって絶妙に腰が抜けつつあったZ-AXISと違い、やや腰が強過ぎて張っているような感覚。

二尾とも間違いなく良型だったが、ヒットから1分以内にポロリとフックを外されてしまった。

外されてしまったと言うよりは、自分が鱒の強さとロッドのパワーのバランスを十分把握し切れていないが故に、鱒を弾いてしまった様な感覚に近いのかも・・・。


ちなみに、つい前日「ファイト中にロッドをへし折られる」という恐怖を初めて知ったジレンマもあり、かなりヘッピリ腰のピヨピヨ状態になっていたのは言うまでもないっす・・・(笑)。




a0169776_2146981.jpg





昼を過ぎ、ようやく「古くて新しい相棒」の感覚にも慣れ、不用意なミスキャストも減り始めた頃。

心を落ち着けて核心ポイントにダブルニンフを送り込むと、数投目で手元に確かな重量感が伝わって来た。

その一尾に対して、いつもよりもじっくりと腰を据えて対峙しようと試みる。そうしている間、ちょっとだけこの新たな相棒の扱い方を身体に覚い込ませることができたような気がした。




2012年になって初めて、虹鱒が素晴らしいアクロバティック・ジャンプを披露する姿を拝む。

「そう言えば、虹鱒ってこうやってジャンプする魚だったんだよな~・・・。」としばし懐かしい気持ちに浸りながらも、最後の最後まで恐る恐るその一尾をランディングした。









a0169776_2211897.jpg





a0169776_2211447.jpg





50cm。今シーズン最初のアクロバティック・レインボー。季節が一段階、前へと進んだ証拠なのか・・・。



------------------



この一尾の後、タイムリミット直前の大淵でその65UPはロッドをきつく絞り込んだ。

その一尾の姿とは、果たしていかに・・・。


次回の更新に、乞うご期待!






P.S.
実は、次回の更新をこのブログ初の「ファン限定公開」にしようかなと、真剣に検討しております。理由は色々とあるんですけどね・・・。

その件についても、皆様のご意見を頂ければ幸いです(笑)。
[PR]
by ultreya1204 | 2012-03-13 00:00 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(16)
Commented by 鮭介 at 2012-03-13 02:55 x
よく釣りますね、いつもながら感心します。限定公開?趣旨はいかに。
Commented by 五郎蔵 at 2012-03-13 12:15 x
管理人様、自称大ファンでごぜえやす。いつもお昼時の楽しみにさせていただいております。何卒、ファンに加えてくださいまし。
Commented at 2012-03-13 14:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちぃちぃ at 2012-03-13 19:18 x
すばらしい釣果にいつも感服し見ていました。何が釣れたのか非常に気になります、是非ファンに加えてください。
Commented by you at 2012-03-13 19:48 x
シモンさん、
こんばんは。
翌日には・・・ですね~!!
愛刀にはしばしの休息を、名刀にはふたたび魂をですね!
名刀もしばらく感がもどるまでに手こずられましたが、40up・50upとキャッチするうちに手なずけBig Size のTorutとのFigutですね~!!
シモンさんなら結果を聞かずもブログ後編にて画像upですね!
楽しみにしてますよ(笑)
ファン限定の公開ですか!?
〇〇Fですか?気になりますので・・・
名刀復活に感謝です!!
Commented by タッド at 2012-03-13 20:11 x
活動31年目にして突如解散してしまいましたね...REM?
じゃなくて、むかしは45とか...RPM?
私はSPなんです。。。いい竿です。グッドサイズが釣れてしまえば、もう気に入りになりますよね。。。というか、もう、さっそくですから、、、上手い人は選びませんね。
Commented by こるとれーんtone at 2012-03-13 21:22 x
おばんです、シモンさんでも馴れないrodですと弾くんですね!
but瞬時になじむ処は凡人ではありません、流石ッ!
先日のmonkeesコメントでシモンさんに教えられて以来
懐かしさに浸っております、ありがとうございます!
ちなみにストーリー分割パターン... eeなぁ、
皆さんはまってらっしゃる気がします^^.

Commented at 2012-03-13 21:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ultreya1204 at 2012-03-13 21:37
鮭介さん
こんばんは。
釣りに行く度、十勝のフィールドの奥深さにはいつも驚かされます。今回も、幸運が重なっただけですよ(笑)。
ところで、ファン限定公開についてちょっと調べてみたのですが、ファン申請の流れとしては、

①エキサイトブログのユーザーとして新規登録する(既にユーザーの場合は当然登録の必要なし)。
②自分のエキサイトブログにログインした状態で、ultreya blogを訪問する。
③ultreya blogの右側サイドバー上部のロゴ写真の下部に、「ファンになる」という項目があるので、そこをクリック。
④一言メッセージを書き、あとは管理人の承認待ち。

どう考えても、①が一番面倒ですね(笑)。

今回「ファン限定公開」を採用しようと思い至った理由は色々とあるのですが、ザックリ言うと「いつまでも、自分の好きなようにブログを続けていきたい」と思ったからでしょうか・・・。自分が好きなようにブログを続けていくには、ちょっと訪問者数が多くなり過ぎてしまったような気がするのです(笑)。まだ最終確定ではありませんが、趣旨をご理解頂ければ幸いです。
Commented by ultreya1204 at 2012-03-13 21:42
五郎蔵さん
こんばんは。
大ファンだなんて、のぼせちゃうじゃないですか。冗談でも、そんなヨイショはやめて下さい(笑)。
ところで、ファン申請の流れについては↑の通りです。まだ決断出来た訳ではないのですが、もしも次回投稿記事が「ファン限定公開」になっていた場合には、お手数をお掛けします・・・。
Commented by ultreya1204 at 2012-03-13 21:45
鍵コメさん
こんばんは。
初コメント頂きありがとうございます!
今まで楽しみにご覧頂いていたようで、管理人としてとても嬉しいです。
今後、限定公開記事が登場するようになるかも知れませんが、その場合には↑に書いてある流れの通り申請頂ければ幸いです。お手数ですが、宜しく願い致します。
Commented by ultreya1204 at 2012-03-13 21:49
ちぃちぃさん
こんばんは。
初コメント頂きありがとうございます!
いつもご覧頂いていたようで、管理人としてとても嬉しいです。これからも、釣りバカ加減に呆れることなくお付き合い頂ければ幸いです。

ところで釣れたのは・・・、なかなか大きな鱒だったのは間違いないですよ(笑)。次回投稿をお待ち下さい。限定公開記事の場合には、お手数ですが以下の流れでお願い致します。

①エキサイトブログのユーザーとして新規登録する(既にユーザーの場合は当然登録の必要なし)。
②自分のエキサイトブログにログインした状態で、ultreya blogを訪問する。
③ultreya blogの右側サイドバー上部のロゴ写真の下部に、「ファンになる」という項目があるので、そこをクリック。
④一言メッセージを書き、あとは管理人の承認待ち。
Commented by ultreya1204 at 2012-03-13 21:56
youさん
こんばんは。
心の中で忘れかけていた名刀が、見事に急遽且つ久々の大役を果たしてくれました。最初はバラシ連続でかなりの不信感を抱いてしまいましたが、一日を過ごした今は早くも信頼感が生まれ始めています。釣り人って、現金なものですね~(笑)。
限定公開にするかどうかは、記事を書いているその時の気分で決めようと思います。限定だった場合には、お手数ですが↑の流れで申請して頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by ultreya1204 at 2012-03-13 22:03
タッドさん
こんばんは。
REMでもRPMでもなく、"RPL"ですよ!(笑)
SPも、その評判は先輩方から聞いています。素晴らしいロッドだそうですね。私は、もし今のRPLが粉砕されてしまったら、新ロッド購入を真剣に検討しなければならない事態に陥ります・・・。そんな暴力的な鱒を相手にすると思うと、釣行には常に危険が伴いますね。
これからしばらくは、RPLと新たな信頼関係を築いていかなければなりません。なんだかちょっと、新鮮な気持ちになれるような気もします。
Commented by ultreya1204 at 2012-03-13 22:11
こるとさん
おばんです!
う~ん、RPLに慣れたかと言えば、まだまだのような気もします。次回釣行の時も、ヘッピリ腰でバラシてしまうような予感がします(笑)。

Monkeesのボーカルさんの件、残念ですね・・・。
「この歌を歌っている人はもう亡くなっていて、この世にはいないんだ」と思って聴くと、同じ歌でも全然違って聴こえてくるから不思議です。こるとさんのブログでも私のブログについて言及して頂き、大変恐縮です。
ストーリー分割、またやってしまいました(笑)。勿体ぶって、大変すみません・・・。
Commented by ultreya1204 at 2012-03-13 22:19
トルビヨンさん
こんばんは。
申請の流れは若干面倒ですが、大体どなたでも出来ますよ。どうぞご心配なさらずに(笑)。
現在私が「限定記事」を採用しようと検討している理由は、釣り場の秘密保持でもフライの秘密保持でもないのです(笑)。
ただ単純に、これからもずっと自分の好きなように、マイペースでブログを続けていきたいと思っているからです。そういう点では、ある意味自己防衛的な部分もあるのかも知れません。
限定公開にするかどうかはまだはっきりしておりませんが、これからもお付き合い頂ければ幸いです。