管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

現実であって欲しい後日談

1月29日(日)に仕留めた、あのメモリアル・レインボー・・・。


a0169776_22584153.jpg



実は、ランディングして表情を見たその瞬間から、どこか懐かしいような印象を受けていた。







「自分は過去に、このレインボーと一度だけ巡り逢っていたことがあるのではないだろうか・・・。」







そんな考えが頭に浮かび、時間があるときに過去の釣行写真データを確認し直してみた。


そして、100%の確信を持って言える訳ではないが、最終的に行き着いたのが下の二枚の写真。












a0169776_2334653.jpg


2010年11月17日:62cm


a0169776_2373996.jpg


2012年1月29日:69cm






これら二尾の鱒を隔てる時間は、約1年と2ヶ月。

しかし、隔てる距離は1kmも離れておらず、往来を遮る障害物も一切無い。

これら二尾が約1年2ヶ月を隔てた同一の個体であり、"劇的Before→After"の一尾であるとすれば・・・。




釣り人として、これ程までに嬉しい『再会』は、間違いなく今まで経験したことがないものだと思います。




<二尾に共通していると思う点>
・目の左下にある二つの黒点。
・エラ蓋~眼あたりの色の雰囲気。
・全体的な黒点の散らばり方。
・ヒットしてからのファイトの傾向。
・全体的な雰囲気。




これら二尾の鱒は、約1年2ヶ月の時を隔てた同一の鱒なのか、それとも、全く別の個体なのか。


たった二枚の写真の比較から最終判断するのは難しいけれども、あの時感動を与えてくれた鱒が数々の苦難や脅威を乗り越え、更に立派な姿になって再び大きな感動を与えてくれたのであれば本当に嬉しいな、と思う今日この頃なのでした。







[PR]
by ultreya1204 | 2012-02-17 00:00 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(4)
Commented by fishytaddy at 2012-02-17 23:46
こんばんわ! ultreyaさんのもうひとつ凄いのは、、、これが最大だと思うのだけど、再会を果たしていること、、、つまり、確実にリリースしていることにものなるし、釣られる鱒も鱒で、またしてもultreyaさんの誘いにやられてしまうわけですよね。。。おそらく斑点の感じから同じなんでしょうね、、、それにしてもこんなにアグリーな顔付きにさせてしまったのは、ultreyaさんのせいかもしれないですよね...笑) よくドーベルマンとか、他人からすると獰猛そうな生き物が、飼い主の前ではおとなしい、、、そんなことをこの画像を見て思いました。。。笑)
Commented by ヨウギョ at 2012-02-18 08:57 x
はじめまして、養殖業の者です私は違う鱒と見立てました。、
鼻の斑点等と目の後ろの円が似ている事はDNAで頻繁に出てきます。
同じ鱒であればこれほど変化しないと思います。
近縁な血を引く鱒と見立てました。 しかし大きい鱒を釣られます
上手な釣りをされる方ですね。
Commented by ultreya1204 at 2012-02-18 10:06
fishytaddyさん
おはようございます!
おっしゃるとおり、確かに私は『再会』することが多いですね。ブログに写真を掲載する時、読んで下さっている方々に「同じ鱒を色々なアングルから撮って、写真を使い回ししているだけなんじゃないか?」と疑いの目で見られてしまいそうですよね(笑)。
これら二尾が同一の個体なのかどうかはっきりとは断定できませんが、またいつか70オーバーになった時にこの鱒に『再会』できるような気がしています。
Commented by ultreya1204 at 2012-02-18 10:12
ヨウギョさん
はじめまして。
初コメント頂き有難うございます!
ヨウギョさんは養殖業をされている方なのですね。専門家の方の貴重なご意見を頂けてとても有難いです。
やはり、これら2尾は近縁ながら別の個体なのでしょうかね・・・。もしかしたら、兄弟とかそれ位血が近い個体なのかも知れないですね。
貴重なご意見を頂き大変有難うございました!