管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

最強虹鱒との一瞬の邂逅

12月4日(日)。

朝起きてカーテンを開けると、外はすっかり雪景色。

前日昼過ぎからしんしんと降り続いた湿った雪は、いよいよ根雪になりそうな量だった。

実力不足によりバラシてしまった前日のレインボー二尾のことを思い浮かべつつ、「今日は何処に入ろうか?」としばしの間思案。この時期にしては起きた時間が早かったこともあり(と言っても、7時過ぎくらい)、兎に角とことん川を歩きまくって新規ポイントを開拓することを決断。この日の目標歩行距離は、往復10kmに決定。



a0169776_21151530.jpg




川に到着してからも、小粒の雨はしばらく続く。

しかし、気温は前日と打って変わって暖かく、一日中プラスの気温を維持。

ウェーディングシューズはもちろん、ロッドもリールも全く凍り付かず、一日を通して快適な川通しの釣り上がりだった。前日の反省(3X=8lbがあっさりラインブレイク)から、この日は一日を通して2X(10lb相当)のナイロンティペットを使用。




a0169776_21285781.jpg




この日のファースト・レインボーは、水深1m弱の瀬から元気良くヒット。
40cmあるかないか、と言ったところだが、コンディション抜群の一尾。




その後しばらく沈黙が続いたが、信じて釣り上がること小一時間。

緩い流れのトロ瀬を観察し、底付近を悠然と泳ぐ推定55cm程のレインボーの姿を発見。

フィーディング・レーンを意識してダブルニンフを流すこと2投目、ギラリと身を翻すレインボー。














a0169776_21322768.jpg





a0169776_21325682.jpg




a0169776_21334850.jpg



L:57cm / W:33cm、サイトフィッシングで仕留める一尾は、やっぱり格別!






この一尾で、自分自身にかけていたプレッシャーから解放された。

残りの釣行時間はちょっとした冒険のつもりで、際どいポイントにも果敢にニンフを叩き込む。




a0169776_2137990.jpg




50cmには及ばずとも、パンパンのメタボリックなお腹が印象的だった一尾。




40cmクラスのレインボー数尾と戯れながら、楽しい釣り上がりの時間が続く。


そして、天気がすっかり回復した夕方、その一尾との邂逅の時間は突如として訪れた。


水飛沫を上げる速い流れが、岩盤と岩盤の間を通り抜けて流れている何気ないポイント。

特に意識せず、何気なくニンフをキャストすること数投目。
サーモンに勝るとも劣らない巨大な魚体(管理人の勝手な推定では、L:75~80cm、W:45~50cmクラスか?「釣りの話をする時は、両手を縛っておけ」なんて、よく言いますけどね・・・)がギラリと身を翻したかと思うと、今まで経験したことのないトルクで、上流側へと暴走。


管理人が愛用する#5のSAGE Z-AXISはペニャンペニャンのオモチャのように頼りなく感じられ、リールのドラグをきつく締めても、ジリッジリッとヤツは上流に向かって突進していく。


それはまるで、自身の強さを未熟で愚かな釣り人に誇示しているかのような、本当に恐れ入るパワー。今年の9月に仕留めた73cmもその強さには到底及ばず、間違いなく経験上最強の一尾。


鱒の行く先には、岸に押し寄せられた倒木。
そこに突っ込まれたら間違いなく万事休すなのは分かっており、ロッドがへし折られることも覚悟の上で最大限の抵抗を試みたが、残念ながら全く成す術が無かった・・・。



今の自分の頭の中には、少なくとも4尾、仕留めなければならない未知の巨虹が棲み付いている。どいつもこいつも、全くもって一筋縄ではいかないツワモノばかり(その中でも、今回の一尾が間違いなくNo.1ですが・・・。)






と言うことで、2011年ラスト、師走の四天王レインボー(って、勝手に命名してみましたよ w)の姿が一尾でもいいからこのブログに登場することを、乞うご期待!


a0169776_22532793.jpg



P.S.
こりゃやっぱり、この冬も管理人にシーズンオフの時間は訪れないっすわ・・・(笑)。
[PR]
by ultreya1204 | 2011-12-06 22:14 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(8)
Commented by 鮭介 at 2011-12-06 23:34 x
真冬でも大魚は生きるためには活になるんですね。ガンガンの落ち込みの流れの底に潜んでいる、否、待機しているのですね。実践報告ありがとう、おなたのこの上ない情報に、寝床でワクワクしています。試したいことが無数にあり過ぎるから納竿出来ませんね。
Commented by ultreya1204 at 2011-12-07 07:29
鮭介さん

おはようございます。
真冬でも、巨虹は間違いなく高活性ですね。春の産卵に備え、荒食いしているのでしょうかね。
あれ程のバケモノクラスと遭遇してしまった以上、本当に、試したいことが無数にあって納竿できません。平穏な日々は、いつ訪れるのでしょうか・・・(笑)。
Commented by デブツ at 2011-12-07 08:33 x
すげ~!
シモンさん、こりゃ冬期も毎週通わなきゃなんないでしょう。
シモンさんのブログ見てたら、なんか“ウズウズ”してきました。(笑
雪さえ降らなきゃいいんですけど、やっぱりアイスバーンだと、十勝
方面に行くのに、1時間弱余計に時間食います。(トホホ・・・

化け物のUP、期待しております!
Commented by タッド at 2011-12-07 14:18 x
またしても話の「続き」が出来てしまいましたね...笑)
Commented by ultreya1204 at 2011-12-07 19:34
デブツさん

川に通い続けなければならない口実は、どんどん増えるばかりです・・・(笑)。それにしても、あんなバケモノどうやって仕留めればいいんでしょうかね。
その姿をブログにUPできる日は、果たして来るのでしょうか。
Commented by ultreya1204 at 2011-12-07 19:36
タッドさん

ヤツを仕留めるその日まで、また「シリーズ化」してUPする予定です。"Never ending story"になる可能性も十分あり得ますが・・・(笑)。
Commented by tkfftk at 2011-12-08 08:47 x
簡単にはいかないかもしれませんが、これから続く巨鱒との物語。
楽しみにしてま~す。
Commented by ultreya1204 at 2011-12-08 19:18
tkfftkさん

きっとかなり苦労すると思います。
でも、仕留めるまでしつこく通い続けるので、応援よろしくお願い致しま~す(笑)。