管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

One-Eyed Jacks

(11月12日 "2011年、ラストスパートの始まり・・・"の続き)

54cmのメタボリック・レインボーを仕留め、何となく気分が落ち着いた午前の部。


引き続き期待を胸に釣り上がるが、水温低下の影響によるものなのか、それともフィッシング・プレッシャーによるものなのか、レギュラークラスからの反応はイマイチよろしくない感じ。


「いよいよ大物に限定される季節が迫って来たか・・・」と感じつつ、辿り着いたのは岩盤底の有望ポイント。速く重い流れが岩盤にぶつかってえぐれており、大物が付くのに最適な、程よい深みを形成している。


ここは100%間違いなし、と読み、ダブルニンフを結び直して万全の態勢で臨むこと数キャスト。

意外にもすんなりと、大型鱒からの回答があった。




a0169776_22455770.jpg


#5のSAGE Z-AXISをグイグイと曲げて抵抗する、レッドバンドが鮮やかなレインボートラウト。

そのレッドバンドが水面付近に躍り出るのを見る度に、「なんとしてもこの一尾を仕留めねば」という思いが強くなる。

下流側の障害物への突進、そして激しいローリング。それらの抵抗をなんとかいなし、無事浅瀬に誘導。













a0169776_22492464.jpg



L:56cm / W:33cm。初冬のレインボーは、越冬に備え肥え太っている。





a0169776_22513531.jpg



a0169776_22524453.jpg



a0169776_22581115.jpg



A Perfect Rainbow Trout



こんな素晴らしいプロポーションの一尾だが、一つだけ「オヤッ」と思うことが。

と言うのは・・・、実はこの鱒、左目片方はケガによるものか失明しており、右目一つだけで生きている状態(痛々しいので、左目の写真は撮影しませんでしたが・・・)。

どんな要因で失明したのかは分からないが、もしかしたら釣り人の影響によるものかも知れない。



それにしても、そんな厳しい身体的条件を抱えながらこのレベルにまで成長したこの一尾。ただただ素晴らしいとしか言いようが無い生命力。(いや、もしかしたら、むしろその痛々しい経験がこの鱒をより賢い鱒に成長させ、ここまで生き長らえさせたのかも知れない。)

コイツはきっと、更に大きく成長し続けることだろう・・・。





a0169776_22593316.jpg







a0169776_2322616.jpg




この一尾の後も釣り続けたが、推定50cmクラスの良型一尾をポロリとバラシて終了。

12日の夜は広尾町の実家へと帰宅し、久々にのんびりとした時間を過ごしたのでした。


<13日(日)の釣行記へと続く・・・>
[PR]
by ultreya1204 | 2011-11-14 23:09 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(10)
Commented by 鮭介 at 2011-11-14 23:54 x
素敵な鱒、逞しいです、どうか長生きして欲しいですね。それにしても、ウェーダーを水漏れで修理に出したところ、そろそろ納竿気分なのに、みるみる活性化して下さいますね。人を元気にさせる、やる気にさせるパワーに溢れていますね(笑)。勤続25周年記念の12月一週間の休みは十勝に行くべきでしょうか。
Commented by デブツ at 2011-11-14 23:59 x
いつもながら、“ナイス!”です。

普通、狙ってもなかなかこうは、釣り上げれませんよ!
(私だけかな・・・笑;;)
グッドサイズで、ナイスな虹鱒!
来年は、シモンさんの10分の1でもいいからあやかりたいです。

PS:広尾町出身だったんですね!私も広尾町は、子供の頃より
縁深い町です。(姉もそちらに嫁に嫁いでるんで)
Commented by TAKU at 2011-11-15 18:24 x
始めまして(だったと思います)
そうかぁ、タッチであわせたらもしかしたらこんな事もあるかも。
ちゃんとバイトで会わせんといけないのかも・・・
むかしからニンフは「もしかして」であわせろと言われていたけれど。
すごく勉強になった記事でした。
あっ、中札内村に今年の4月から住みだしたフライマンです。
Commented by ultreya1204 at 2011-11-15 19:00
鮭介さん

こんばんは。
この時期の虹鱒は本当に素晴らしいコンディションです。
でも、これから寒くなるにつれて、「0尾か1尾か」というシビアな状況になってくるのは間違いないので、12月はかなりリスキーだと思います。この時期でも気軽に川に行けるのは、川まで一時間圏内に住んでいる地元民の特権なのかも知れません・・・(笑)。
Commented by ultreya1204 at 2011-11-15 19:04
デブツさん

こんばんは。
本当に、ナイスな一尾ですよね。美しい虹鱒でした。

そうそう、私は広尾町出身なんですよ。今は帯広に住んでいますが、近いのでちょくちょく実家に帰っています。
Commented by ultreya1204 at 2011-11-15 19:07
TAKUさん

はじめまして!
コメント有難うございます。
アタリについては、仰るとおり「もしかして」のカンでアワセることも多々ありますよ。高浮力のマーカーがしっかり消し込んでからアワセるのでは、きっとかなりのチャンスを逸することになります。

ニンフの釣り、実はドライよりも奥が深いんじゃないかと私は思っています。
Commented by こると at 2011-11-15 19:24 x
おばんです. 価値ある一尾ですね!
こういうアタックを採れるなんて ultreyaさん
勘がee人なんですね見習いたいもんです. こちら支笏湖がよくなってきたのであたしいってきますよっ^^る 

Commented by ultreya1204 at 2011-11-15 23:55
こるとさん

おばんです。
ジョン・ギーラックの名著「トラウトバム」の中でも、ニンフのアタリの取り方について興味深い考察が出てきますが、ニンフの釣りは本当に「習うより慣れよ」の部分が大きいような気がします。ほんの僅かなラインティップの動きの変化も、アタリとして読み取れるかどうか・・・。奥が深いです。
こるとさんの最近の考察記事、とても興味深いですね。支笏湖レポートも、楽しみです!
Commented by TAKU at 2011-11-16 19:54 x
自分、ドラフライの釣りが一番好きです。
でも、ドライフライの出番は一番少ないのです。
魚たちが、底からサーフェス・フィルムまでとらえるのは、ニンフなんですよね。
ボトムあり、イマージャー有り、フローティング・ニンフ有り。
パラシュートパターンはフローティング・ニンフのために作られたとまでされていましたよね。
で、一番難しいけれど一番出番が多いのがニンフなのです。
ちなみにダブルニンフはNZで頻繁に使ってました。
Commented by ultreya1204 at 2011-11-16 22:39
TAKUさん

私も同感です。
一年中、ドライでモンスタークラスを狙えるのであれば、迷わずドライを使い続けると思います。しかし、実際にはそんな自然条件が揃うことはかなり稀ですよね。
ニンフやウェットは水中のあらゆるステージをカバー出来るので、それらの全てのステージを網羅できる技術を身に付けることが出来れば、ある意味エサ釣りやルアーよりもずっと有利だと私は思っています。
ダブルニンフは、私もNZで多用しました。鱒を引き付けるニンフと、実際に食わせるニンフの使い分けが重要な気がします。