管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

3連敗帳消し(!?)、50UP虹鱒連続ヒット②

("3連敗帳消し(!?)、50UP虹鱒連続ヒット①"の続き)


釣り開始早々に50UPレインボーを理想的なポイントで仕留め、この日の活性の高さを感じ取った管理人。


ここ数日の間大きな水位変動も無く、どんな要因が鱒たちの捕食意欲を刺激したのかは分からなかったが、最初の50UP虹鱒の後もレギュラークラスが面白いように連発。



a0169776_2054588.jpg




このクラスのレインボーは、この日何尾釣ったのか数え切れない程。
鱒の付き場はいつもと少し違った傾向にあり、瀬の始まりの瀬頭にまとまって付いていることが多かった。きっと水中を流れてくる何かを、「我先に!」と狂ったように夢中になって捕食していたのだろう。

もしかしたら、冬到来前の荒食いモードの時期に突入したのかも・・・。




a0169776_20591480.jpg





そんな傾向が見え始めた折、推定水深約1m程、柳の木が覆い被さっている瀬頭ポイントに差し掛かる。
この日の傾向とポイントの状況から、「これは100%間違いなし」と確信を持ちキャストすること数投、期待通りのズシッとした重量感が手元に伝わる。

抜群の瞬発力とスピードで応戦してきたレインボーだったが、下流側の浅瀬に誘導して無事ランディング成功!












a0169776_2135838.jpg


50cm。この日二尾目の50UPも、シルバーメタリックな鱒だった。



実はこの一尾を獲って魚体を見た時、ちょっと何か引っ掛かるな、と思っていた。


家に帰宅してから撮影した写真を照合してみて、やはり「もしかしたら」と思う部分がある。
100%の確信は持てないけれど言えること、それは、あの日釣ったあのレインボーと同じ個体ではないか、という事。


もしもこの考えが正しいとすれば、この鱒はほんの僅かな期間で1km程上流側に引越ししたことになる。


この一尾の移動傾向から勝手に推測した自分の素人仮説が正しいかどうかは分からないけれど、もしかしたら虹鱒には、長い冬を迎える前に上流側に遡上して落ち着ける越冬場所を探そうとする傾向があるのかも・・・。

こんな些細なことでも勝手に妄想して自由に楽しめる点がまた、自然遊びの楽しいところでもあるわけで・・・。このブログをご覧の方で虹鱒の行動傾向や生態に詳しい方がいらっしゃったら、是非ご教示下さい(笑)。


と、話は再び横道に逸れましたが、この日の絶好調っぷりはこの程度では終わらない(笑)。

第三話にも、乞うご期待!?


("3連敗帳消し(!?)、50UP虹鱒連続ヒット③"へと続く)
[PR]
by ultreya1204 | 2011-10-17 21:26 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(10)
Commented at 2011-10-17 22:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fishytaddy at 2011-10-18 10:59
ふむふむ...なるほど。。。
続きが楽しみだなぁー、ワーイ!
Commented by 鮭介 at 2011-10-18 16:18 x
十勝の二日間は、初日に止水でゴーマルに出会えましたので良き思い出になりました。塗り直した50年前のクアッドと5Xのバランスが非常に良く、小さなドライに繋がった大鱒の生命反応を満喫出来ました。午前中、一時間半かけて見事食わせた50半ばへの合わせがスルーしてしまった後なので凄く嬉しかったです。も一つの成果は、二日目に将来のモンスターのあの鱒に出会えたことです。オレンジに透き通るヒレを持った赤く照り返す虹色のボディ、あなたの何時もの鱒です。もうずいぶん前からあれを追いかけているんですよ。
Commented by デブツ at 2011-10-18 17:00 x
いい魚ですねぇ~!

「うらやましー!」って、わたしの心が叫んでいます。
シモンさん、おこぼれでもいいですから・・・

ヒットフライも見せてくださいYo!  今度あったらください m(_ _)m

それにしても、いつもいつもさすがです。
Commented by こるとれーんtone at 2011-10-18 19:21 x
おばんです、川がちがうので分かりませんが
大抵の河川では上流へ移動していると思います
but道北水系では秋が深まると虹鱒が少しずつ下ってくる
地域があります.
ここでは普段暮らしている生活圏にドジョウや
小魚が豊富で湧水が出ていて
水草が多いからスカッドも多いです.
butペーハーは上へ行くほど高くて下のほうが
水質が良い為 産卵に向けて
少しずつ移動している...って感じでした.


ちなみに支笏湖では川に遡上しないで
水質がよいスポットで産卵する鱒が目立ちます
たいていの川では上流へ移動しますが 
水質が鍵といえそうですよ
そちらの川水質は抜群ですもんね
but鱒ってのは、大きくなると生まれた町へ帰りたい..
.懐かしい街へ...
なんて言いますかロマンチックな生物ですよね

Commented by ultreya1204 at 2011-10-18 20:54
鍵コメさん

はじめまして。コメント頂き有難うございます。
業界で有名な方ですよね!お名前は、以前より存じ上げておりました。
ご質問頂いた件、私もその手の話題については、非常に興味をそそられます。私自身、ご存知頂いているようにシーズン中に何度か同じ鱒を釣ったりしていますが、鱒の移動は川によって傾向が異なるようです(一度釣られてからも一箇所の好ポイントに居座り続ける鱒もいれば、あっさりそのポイントを見切って移動する鱒もいる)。
これにはもしかしたら、ニジマス間のナワバリ意識のようなものも関係しているのかも知れません(今年3度釣った66cmの雌レインボーは、季節が変わってからも全て同じポイントでヒットしたという事例もあります)。
それと、個人的な見解ですが、シルバー系のレインボーの方が、移動する傾向がより強いように思います。
以上、あまりご参考になる情報が無く申し訳ございませんが、メールではなくコメントにてご回答させて頂きます。
これからも宜しくお願い致します。

P.S.もし差し支えなければ、ブログをお気に入り登録させて頂いてもよろしいでしょうか?
Commented by ultreya1204 at 2011-10-18 20:56
fishytaddyさん

(用意したくて用意したわけではないですが)最後にちゃ~んとオチを用意してありますので、お楽しみに(笑)。
Commented by ultreya1204 at 2011-10-18 21:01
鮭介さん

十勝遠征、素晴らしい釣りが出来たようですね。
この時期ともなるとライズの釣りはかなりリスクが多く、そんな中で仕留めたのは本当にお見事です!
オレンジ鰭の虹鱒は、十勝の自然が生み出した宝物ですよね(笑)。その一尾との出会いで、人生はより豊かなものになるはずです。
ちょっと間違うと、人生を踏み外す危険性もありますが・・・。
Commented by ultreya1204 at 2011-10-18 21:07
デブツさん

本当に、楽しい週末でしたよ!
やっぱり釣りは、ある程度結果が伴わないとダメですね。

でも、フライは残念ながら公開できません。
色々とローテさせていますが、こればかりは企業秘密ですから~(笑)。実際に、それ程特異なフライは使っていないですけどね。
Commented by ultreya1204 at 2011-10-18 21:17
こるとれーんtoneさん

コメント頂きありがとうございます。
なるほど、水質という観点からは、鱒の移動傾向を考えたことがありませんでした!非常に勉強にまります。

確かにこちらの河川でも、冬間近になると湧水の湧き出るスポットに大型鱒が集まり、そこで冬を越して春に産卵、という傾向が強いような気がします。その傾向には、安定した水温はもちろん、水質も影響していたということなんですね。
そういう観点から考えると、平野部河川の鱒が冬になると上流側に移動する傾向があるのも頷けるような気がします。特に平野部は農業廃水などの流入も多く、下流部に行くほどPH値が高いのかも知れないですね。来るべき早春の産卵に向け、少しでも安全・安心なところに移動しておきたいという考えなのかも・・・。

色々と仮説を立てて考えると、自然界の奥の深さを再認識させられますね。