管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

なべさんと狙う十勝の虹鱒 第三話

9月19日(月)。

この日の最終便(19:05 帯広空港発)で、なべさんは東京へ戻ることになる。


フライフィッシングの為に残された時間は残り少なく、残念ながらまだ、今回の目標である50UPレインボーにはめぐり逢えていない。


自然条件としてはなかなかに厳しく、こういう時は消去法で少しでも可能性の高いポイントに絞るしかない。


初日に入った山奥止水での60UPレインボーのライズに期待するか、それとも、二日目に入った川でのアウトリガーに勝機を見出すか・・・。


なべさんに決断を委ねたところ、「未練が残っている」と言う山奥止水の様子をひとまず見に行くことに。






a0169776_23304483.jpg





止水に到着して様子を伺うが、初日以上に体感気温が低く、ライズも皆無。正直なところ、かなり難しい状況に思えた。


気の短い私としては、下界に戻っての川での釣りの方が期待出来るかもと判断したが、なべさんの返答は、「ごめん、オレはここで骨を埋めるわ・・・」。



その一言にメラメラと燃える男気を感じ、「分かりました、僕はニンフで釣り上がって、上の様子を伺って来ますね。」と言い残し、その場を後にする。しかし、残念ながらニンフですらも、ヒットに結び付けることさえ出来ず・・・。


小一時間程で諦め、下流側で粘っている止水のなべさんの様子を伺いに戻ろうと下っていると、なべさんがヒグマ対策の笛を「ピーッ」と鳴らしながら、こちらを向いて手を上げている。


「もしやなべさん、ビシッとやってくれたのか!?」とドキドキしつつ早足で近付いていくと、そこに鱒の姿は無い。


あれ~、おかしいな~、と思っていると、「全然ライズしねえや。やっぱ下界に行こうよ。鱒の引き味を味わいたいよ。笛吹いたから、大物でも釣れたと思ったでしょ。」との一言(笑)。


一時間程前に感じた男気はその時点でもう感じ取れなかったが、案内役としては、最後まで目標の鱒を求めようとするその心意気がとても嬉しかったですね(笑)。


下界に下り、昼飯を食べてレンタカーを返却し、現地到着は14時過ぎ。
私は今回も、基本的には捕獲部隊として下流側に待機しつつ、要所要所ではアウトリガーで大物の気配を探る。すると、柳が垂れ下がって攻めにくいポイントで、まずまずの手応えを感じる一尾がヒット!








a0169776_2351011.jpg



a0169776_23535638.jpg



a0169776_23514267.jpg




47cm、速い流れの瀬を下り、ランディングに少々難儀させられた雄の一尾。相変わらず、この川の鱒の活性は高いようだ。





その後もなべさんを先頭として快調に釣り上がり、いよいよ管理人オススメのポイントに到着。




a0169776_23564486.jpg





「なべさん、ここには絶対良いのが入ってますよ!」と、下流側からしきりに無用なプレッシャーを掛けつつ(笑)、待望の瞬間を待ち続ける。


なべさんのロールキャスト気味のアウトリガー・キャスティングはかなり的確なレーンを通しており、これはヒットするのも時間の問題だな、と思っていた矢先。ついに計算通りの一尾がガツンとフライをひったくる。











a0169776_2358949.jpg




下流側対岸の障害物への猛突進に耐え、ロッドを立てるなべさん。
ゲストが良型を掛けている時に案内役がうるさくするのは良くないよな~、と思いつつ、私もまたまた大騒ぎしてしまいました。でも、これも釣り師の性じゃないですか。


数分後、捕獲部隊があーだこーだと騒ぎながら下流側へ入り、ちょっとヒヤヒヤしつつも無事ネットイン成功!案内役としては、「あ~、良かった・・・」と心の底から思う瞬間なのでした。











a0169776_075040.jpg




a0169776_055323.jpg



a0169776_064130.jpg







幾つか難しい条件が重なった結果、ドライフライの釣果ではなかったけれど、何とか今回のなべさんの目標であった「50UP十勝虹鱒」を仕留められた。口先が尖がっていて、イケメンな感じの雄レインボー。なべさん、おめでとうございます!


でも、これもまだまだ、単なる通過点なんですよね・・・。


実はこの後、この一尾を上回る鱒のヒットが続き・・・。


私、推定60cm前後を下流猛突進でポロリ、推定55~60cmは、ランディング間際にて3Xラインブレイク。

なべさん、推定60cmは最初の突進数秒で3Xラインブレイク、推定??cm、首振り二発で瞬殺ラインブレイク。



こんな感じで大物をバラシまくり、未練タラタラで空港へ。




a0169776_0234177.jpg




楽しかったとは思いつつ、最後に残ったのは、未練かも知れませんね(笑)。


なべさん、今回は生憎沈める系の釣りメインになってしまいましたが、また機会があれば、是非ドライで50UP狙いましょうね!(沈める系なら、次の目標は60UPですね。)



P.S.
いつも応援して頂きありがとうございます。とても励みになっています!

今回の案内で、改めて十勝のポテンシャルを実感した管理人。
ついこの間まではしがない東京のサラリーマンでしたが、こうして十勝に戻って来られて本当に良かったなと、なべさんを送り出した後にインデアンチーズカツカレー辛口大盛りをモリモリと食べながら改めて思うのでした・・・(カロリー過剰摂取気味)。

a0169776_043620.jpg



なべさんが旅立った翌日の20日(火)の単独釣行も、実は50UPが連発して凄かったんですね・・・。まさに確変状態。


その自慢話は、また後日!(笑)
[PR]
by ultreya1204 | 2011-09-21 00:50 | フライフィッシング in 北海道 | Comments(2)
Commented by タッド at 2011-09-21 14:14 x
>楽しかったとは思いつつ、最後に残ったのは、未練かも知れませんね(笑)。

どこでやめるかですよね。。。ホームグランドなら、ある意味悔いを残さないとモチベーションを上げられないし、、、これがはるか東京からとなると、しばらく頭の中で。。。でも、また来よう!と思えるから、ある意味、成功じゃないですか!?
 それにしても、 ultreyaさんに案内してもらえる釣り人は幸せだと思わないと!そう思います。
Commented by ultreya1204 at 2011-09-21 17:57
タッドさん

どこで切り上げるかの判断、本当に難しいですよね。
今回の場合は、鱒の活性は最高潮だったものの川の流れが速過ぎて、ランディングがかなり難しかった感じです。バラシまくりでしたが、最高の引きを楽しんでもらうことが出来たのでそれはそれで良かったのだと思います。

なべさんには東京で暮らしている時にとてもお世話になったので、川を案内することで少しでも恩返しになっていれば嬉しいですね。自信を持って案内できる環境が整っている十勝に暮らすことが出来て、とても幸せなことだと思います。