管理人:北海道・十勝出身。1982年12月生まれ。十勝の河川や湖をメインフィールドとするフライフィッシングのブログです。


by ultreya1204

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

DIGEST & FAVORITES

ファン申請の方法については、こちらから・・・

DIGEST
2010年の虹鱒
2011年の虹鱒[1月~6月]
2011年の虹鱒[7月~12月]

2012年の虹鱒[1月~4月]
2012年の虹鱒[5月・6月]
2012年の虹鱒[7月・8月]
2012年の虹鱒[9月・10月]
2012年の虹鱒[11月・12月]
2013年の虹鱒[1月~3月]
2013年の虹鱒[4月~6月]
2013年の虹鱒[7月~9月]


MY FAVORITES
Hokkaido

Facebookページ
Great fishing in 然別湖
鱒やPhoto Diary
竿話休題
十勝の自然とフライフィッシング
つりにっき
ScissorsHands fishing diary
WILD FISHING EQUIPMENT
slow fishing
Things
Bloody L
walton blog
110-ken's Blog
Wildlife釣り日記
魚道40号線
salmo's view
salmo's blog
Prime Time Fishing
Wandering stream...life?
D LOOP
トラウトロボ Target of stream
GONE FISHIN'
釣りとおじさんとロック
moonstone.lake.zone 空飛ぶrod
Summer Rain
gooseな日々
BURN OUT
かげまる日記
Still Water
Wild Red band Rainbow!!
negakalista
Nobu's Blogs
まったり鱒釣りブログ
River Walk
groping in the dark
川の四季の移ろいはとどまることなく
yamamooo's blog
Speywater in Hokkaido
POLAR BEARの本流釣行記(Excite)
POLAR BEARの本流釣行記(FC2)
オムイと森羅万象
Angler's Do!
きままにEnjoy Fly
Life with the fishing
KAMUIミンタラ
kussharoko.com
Repair & Custom LABORATORY ACE
Traveller of the mountain stream
Mountain Stream Tokachi
Fishing of Life


Honshu
のぞの釣行記&デジ一ライフ
気ままにFF & t-made
ハイカロリー
Wiser Time
水ルポ
FL Style Fan -懐古趣味-
Four Seasons 春夏秋冬
FF兄弟本舗 弟側
トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


Overseas
トラウト&キング
Forever Young
豪州毛針釣師
残間通信
Trout Bum
WhereWiseMenFish
GlobalFlyFisher
nzfishing.com
NZ Southland Flies & Guides
American Rivers
MoldyChum
Caddis Chronicles
Rise Fishing Co.
fly30
Flytier's Page
Bish & Fish
the big pull
Steelheadwater
Steelhead Chaser
オークランドのB&B


Brand
Patagonia
SAGE
SIMMS
Scientific Anglers
TIEMCO
MORRIS
C&F Design
Trout Hunter
Spirit River
Ross Reels


Art,Photo,Craftsman
フィッシュクラフト工房
FAR EAST PICTURES&TEXT
Office Rera
Gallery北彩


Information
帯広市
十勝Style
十勝めーる
十勝川水系水位情報
北海道潮汐表
国土交通省川の防災情報
北海道各地・現在の気温
北海道河口規制河川一覧
月齢カレンダー
北海道地区道路情報
日本全国熊出没情報


クライストチャーチ
旅行口コミ情報


Web Clap!
いつも応援頂き有難うございます。ポチッとお願いします。

ブログジャンル

北海道
釣り

カテゴリ

全体
フライフィッシング in 北海道
フライフィッシング in NZ
旅行
北海道の自然
インドア
ローカルネタ
連絡事項
サーフフィッシング
音楽
鮭鱒以外の釣り
お買い物
グルメ
FF関連の小ネタ
釣りと人
未分類

最新の記事

A "Big Bow" of..
at 2015-02-24 21:10
Research for S..
at 2015-02-11 22:35
2014 Last Fish..
at 2015-02-02 21:40
One in Winter
at 2015-01-29 21:20
銀鮭・茶鱒・魚鬼・虹鱒
at 2015-01-08 21:35

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ファン

画像一覧

記事ランキング

ライフログ


A Pilgrim's Guide to the Camino Finisterre: Santiago - Finisterre - Muxia (Camino Guides)


Trout Fishing: A Guide to New Zealand's South Island (Fly Fishing International)


Walden; Or, Life in the Woods (Dover Thrift Editions)


The Alchemist


A River Runs Through It


Big Two-Hearted River


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)


旅をする木 (文春文庫)


哀愁の町に霧が降るのだ


ユーコン漂流 (文春文庫)

ブログパーツ

MVO
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

海外の妄想に耽る、雨の一日

東京在住のフライフィッシングの先輩から、今月6日~二週間ニュージーランド南島に釣りに行くという話を聞いた。

あの楽園のような国にもうすぐ行けるなんて・・・。すんご~く羨ましいです!

今はこうして羨ましがっている私も、思い起こせば丁度昨年の今頃には東京で勤めていた会社を辞める決意をし、3ヶ月間のNZ大釣行計画を着々と練り始めていた。あの当時は現実逃避モード全開で、↓のような海外の釣り動画を片っ端からチェックして、一人怪しくほくそ笑んでいた。本当に危ないオッサンである。



しかし、実際に会社の籍を失って失業者になるということを考えると、「もしかして自分はこのまま路頭に迷ってしまうのではないだろうか・・・」と、かなり不安に苛まれる時期もあった。
それでも何とか前向きにやってこられたのは、こんな愚か者にも理解を示してくれた周りの方々のおかげであり、そして「とにかくデカイ鱒をこの手中に収めたい!」という強い憧れの気持ちがあったからなのだとここ最近改めて思う。

a0169776_16332947.jpg

NZ南島の川の典型的な風景。基本的にいつも強風が吹き荒れ、荒涼としている。

a0169776_14254453.jpg

一日中釣りをした後の、Oreti Riverの帰り道。ほぼ毎日一人で釣りをしていたけど、不思議と全然寂しくはなかった。

a0169776_14295922.jpg

3ヶ月間の釣りのハイライト、約12.5lbの怪物オレッティブラウン。メモリアルフィッシュなので、このブログには何度も登場しています(笑)

a0169776_1431183.jpg

これは僅かに10lbに到達しなかった一尾だけど、ボディーの厚みが凄いでしょ!?

ところで、三ヶ月間に渡るNZの旅がかなり終盤に差し掛かってから知ったことだけれども、2010年のニュージーランドは、どうやら「10年に一度のマウス・イヤー」だったらしいのです。
私はそのことについてあまり詳しく分からないけれど、話しによると10年に一度位のペースで野ネズミが異常発生する年があり、夜中に水面を走り回るそのネズミをブラウントラウトが大量に捕食して急激に成長する。そして幸運なことに、私の釣行はたまたまその良い年に当たったため、いい鱒に沢山巡り逢うことが出来た、ということらしい。本当にラッキーな釣り旅だった。

a0169776_19214880.jpg

ちなみに、これがReeftonの釣具屋に売っていた巨大なマウスフライ。彼の地では、これを夜釣りで使うらしいです。

何だかんだで、いい鱒に沢山巡り逢えたのは勿論のこと、それ以外にも三ヶ月間のNZ釣行で得たものは非常に大きく、無謀ながらも挑戦してみて本当に良かったな、と今は思っている。

またいつか、思い出の地ニュージーランドを訪れる機会もあることでしょう。

a0169776_1514276.jpg


昨夜久しぶりにジョン・ギーラック氏の名著"Trout Bum"を読み返していたら、ゲーリー・ラフォンテーン氏の前書きの冒頭部分に面白いことが書いてあった。何だか、今このタイミングの私に向けて書かれた文章のように勝手に解釈したので(笑)、一応ご紹介します。
(以下、そのまま引用)。

「30歳に満たない人間は、トラウト・バムの資格がない。川ぞいに仮住まいする若造、川から川へと渡り歩く青二才は、バムではない。人生のありかたを決めあぐね、ただの冒険を繰り返しているだけだから。妻、子供、家の支払いといった面倒を、彼はまだ放り出したわけではない。」(ちなみに、日本語訳は東知憲さんです。)

これから先も自分の人生がどうなるかは分からないけど、多分ようやく落ち着くべき場所に辿り着けたような気がする今日この頃。
それでもやっぱり、一週間位の休みが取れるチャンスがあったら、日本から比較的手軽に行けそうなアメリカやカナダ、ロシア、モンゴル、オーストラリア辺りにはいずれ挑戦してみたいところ。

私の海外釣行の妄想は、どうやらまだまだ広がっていくようです。この次はいつ、異国の地でフライフィッシングが出来るかな~・・・。

a0169776_14264020.jpg

丘の上のバックパッカーから眺める、夕方のLake Wanakaの風景
[PR]
by ultreya1204 | 2010-12-03 15:37 | フライフィッシング in NZ | Comments(12)
Commented by 小縄 at 2010-12-05 01:23 x
エヘヘ
オマラマ・ゴア・テアナウ・テカポ、やばいよ~
Commented by ultreya1204 at 2010-12-05 10:29
小縄さん

いよいよ明日、出発ですね。
私もバッグに詰めて連れて行って下さい(笑)。
北海道より、旅の無事と豊漁を祈願しております。
Commented by yusuke at 2012-12-24 11:12 x
はじめまして。
NZの釣り旅を検索していてたどり着きました。
素晴らしい釣りをされていますね。
来年1月に10日間ほど仕事を辞めて釣りに行ってこようかと考えているのですが、大変参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
Commented by ultreya1204 at 2012-12-24 12:44
yusukeさん
こんにちは。はじめまして。
来年1月にNZですか!向こうはちょうどその頃、本格的なドライフライシーズンでしょうね。羨ましいです~。
私も約三年前、仕事を辞めての釣り旅だったので、今思うと「背水の陣」的な旅だったのかも知れないです(笑)。NZはどんな旅人も優しく受け入れてくれる地です。現地に行くまでは不安も多いと思いますが、きっと存分に楽しめると思いますよ。
ブログの方にも、旅の模様は記事としてUPされるのでしょうか?一方的ですみませんが、お気に入りに登録させて頂きます。
何はともあれ、良い旅になるといいですね!
Commented by yusuke at 2012-12-24 16:01 x
早速のコメントありがとうございます!ultreyaさんのように上手くUPできないかもしれませんが現地UPはぜひ真似させていただければと思います。リンクの件、自分のほうもさせていただきますね。これからもよろしくお願いします。
Commented by ultreya1204 at 2012-12-24 19:29
yusukeさん
こんばんは。
早速のリンク、ありがとうございます!
現地では、小さな街でもインターネットの環境はそこそこ揃っているので、問題なく更新できると思いますよ。自分の場合、高い料金を支払って日本に電話を掛けることに抵抗があったので、ブログ更新=日本の家族や知人・友人への安否の連絡、みたいな位置付けで利用していました。
NZについてもし何か知りたいことがあれば答えられる範囲でお答えしますので、どうぞご遠慮なく質問して下さいね!
Commented by yusuke at 2013-01-03 00:49 x
あけましておめでとうございます。
NZ出発を3日後に控えて若干緊張気味です。
ほんとうはいきなり質問するのも失礼かと思ったのですが、そうそう現地に行くこともないでしょうから、お言葉に甘えさせていただくことにしました。
今回多少寒いかもしれないのですが、KIWIスタイルで釣りをしようと思い、厚めのタイツとオラクルガードまでは用意したのですが、みなさん靴の中は何を履かれているのでしょうか?普通の靴下でよければいいのですけれど。
あと、雨でいけないかもしれませんが、Ahuriri中心に行ってみる予定でいろいろ調べてみました。ただ、アクセスポイントだけが心配です。こちらの記事を参考に行ってみようと思っているのですが、ダート路を走っているとみつかるものでしょうか・・・。
道内のポイントであればあえて尋ねるような無粋なことはしないんですけれど、緊張のためか暴走気味です。ご迷惑でしたらすいません。
長文失礼しました。
Commented by ultreya1204 at 2013-01-03 09:51
yusukeさん
おはようございます。NZ出発、いよいよですね!
質問の件、全然迷惑じゃないですよ(笑)。むしろ、久しぶりにNZのことを思い出す機会をもらえて嬉しいくらいです。私も出発前はかなり緊張していたので、緊張気味なのはよく分かります(笑)。ちなみに私の場合は、現地に到着して初日はなかなか寝付けず、釣りを始めるまでの間はずっと緊張していたような気がします。
まず、KIWIスタイルについてですが、私の場合は靴の中にかなり厚手の登山靴下みたいなもの(現地のアウトドアショップにて購入)を履いていました。普通の靴下だと、場合によっては靴擦れの恐れがあるかと思います。現地の河原にはトゲトゲした低木が多いので、KIWIスタイルが一番いいと思いますよ。
それと、アクセスポイントについては、Ahuririに限らずどの川沿いにも紺色の看板がたくさん立っていますから、全く心配いりません。川沿いの道から逸れなければ、アクセスに関して迷うことは全然ないと思います。ちなみにAhuririの場合、上流域に行けば行くほど魚影は薄くなりますが、その分大物の確率がグンと上がります。
Commented by yusuke at 2013-01-03 20:14 x
お返事ありがとうございます。
靴下の件、大変参考になりました。また、紺色の看板のことを聞いて少し安心して眠ることができます。御礼は現地での写真でご勘弁ください(笑)。またお伺いさせていただきます。
Commented by ultreya1204 at 2013-01-03 20:38
yusukeさん
こんばんは。
全然、どういたしましてです。少しでもお役に立てていれば幸いです。
現地からのレポート、楽しみにしていますね!Good Luck!!!
Commented by うずら at 2013-04-15 22:52 x
こんばんは。
2年前にこちらのブログで「NZへ行くよー」「Oretiへいくよー」ってコメントしたのですがあまりいい釣りができず、結果報告ができずにいました。が、今年の3月にリベンジに行って参りましてoretiで念願の70cm超えを達成いたしました。重さは計ってないのですが10ポンドには遠く及ばないと思います。今度は10ポンド目指します。いろいろ勉強させてもらってます。ありがとうございます。今後も楽しみにしています。
Commented by ultreya1204 at 2013-04-15 23:23
うずらさん
こんばんは。
ご無沙汰しております。
久し振りにコメント頂きましたが、もちろんよ~く覚えていますよ!(笑)

Oretiでの70UP、そう誰にでも釣れるものではないと思います!
私がNZに渡航したあの年は、10年に一度あるかないかの「マウスイヤー」に当たる年だったそうです。ネズミが大量に繁殖すると、それを餌にするトラウト達も狂ったようにネズミを捕食するチャンスがあるので、それで重量がUPしたのではないかと思っています。重さを追求するなら、「マウスイヤー」のタイミングをいかに読み解くのか、が鍵になるのではないでしょうか。
自分がまだ手にしていない『何か』を追求する釣りって、本当に楽しいですよね。